樹木希林に不倫を暴露された久世光彦

公開日: 更新日:

<1979年1月>

“ドラマの天皇”と呼ばれ、「時間ですよ」「寺内貫太郎一家」「ムー一族」とヒットを飛ばしたTBSディレクターの久世光彦。79年に「ムー一族」の打ち上げパーティーで、樹木希林(当時36)に不倫を暴露される騒ぎがあった。

 78年5月にスタートした「ムー一族」の最終回は79年2月7日。その前の1月25日、六本木のディスコで打ち上げが行われた。集まったのは清水健太郎、岸本加世子、郷ひろみら出演者の他、スポンサーや局の重役ら200人余り。主役の久世(当時43)はタキシードに身を包み、出演者の感謝の言葉に応えていた。

 そんな晴れやかな場で最後にスピーチしたのは樹木。ドラマの中で郷とともに歌った「林檎殺人事件」がヒットするなど番組の功労者だが、衝撃的な内容に会場の空気は一瞬にして凍りついた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  2. 2

    稲見萌寧の発言は残念…プロは機会があれば海外挑戦すべき

  3. 3

    自民党はまるで「粗忽長屋」死に絶えてしまった政府の知性

  4. 4

    まだやっとったん大阪“見回り隊” 民間委託崩壊で2億円パア

  5. 5

    ぼったくり男爵より危うい 五輪開催に暴走する政府の狙い

  6. 6

    福山雅治はNHK出演も語らず 自身の“家族の物語”は謎だらけ

  7. 7

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

  8. 8

    「第二の松山」発掘は困難 日本ゴルフ界が抱える3つの課題

  9. 9

    愛着薄い? 小池女帝「東京五輪返上」6.1ブチ上げの公算

  10. 10

    維新梅村議員に文通費流用疑惑 公設秘書は殺人未遂で逮捕

もっと見る