新曲名が「再生不能」の意味深…中森明菜は“復活”できるのか

公開日: 更新日:

 昨年大晦日の紅白歌合戦で電撃復帰してからも、雲隠れの状態が続いていた中森明菜(50)の“次なる一手”が報じられた。5日付の日刊スポーツによると、通算50枚目となるシングル「unfixable」(日本語訳で「再生不能」)を来月30日に発売するという。

 すでに米国でレコーディングを済ませたというのだが、なぜ、よりによって「再生不能」などと意味深なタイトルの楽曲を選んだのか。自身初の全編英語の歌詞で、数曲を録音した中から最終的に明菜本人がこだわって選んだというが、状況が状況だけに、「再生不能」なる題名ばかりが取り沙汰され、“芸能界引退”に向けたメッセージでは? といった臆測も流れている。

 今回の一連の動きについて、音楽ジャーナリストの渡邉裕二氏はこう言う。

「これまでも中森明菜にまつわる報道は、昨年の紅白ひとつとっても直前まで出場断念などといわれたように“予定調和”ではないところがありました。明菜はファンを大事にする歌手として知られ、またファンも彼女からのメッセージを待ち続けている。その関係性を熟知し、ちゃめっ気のある明菜は自分の中にやる気や前向きな気持ちがあるからこそ、この楽曲を選んだように思います。もし仮に言葉通りの状況だったら選んだりできないのではないでしょうか」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    年金8兆円消えた…姑息GPIFが発表「今後失う」衝撃の数字

  2. 2

    前嶋和弘氏 トランプ岩盤支持…差別問題のダメージ少ない

  3. 3

    西村まさ彦が“乳がん離婚宣告”報道に「ハメられた」と困惑

  4. 4

    韓国俳優と熱愛報道 綾瀬はるかが亡父に誓った結婚の執念

  5. 5

    老舗経済誌が安倍首相批判を特集した理由 編集長に聞いた

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    中国の“弱点”三峡ダムが決壊の危機…世界中で株価の暴落も

  8. 7

    小規模地震多発は不気味な予兆…「大地震の相場」の復習を

  9. 8

    アフターコロナは「年金は今すぐ受け取るべき」が新常識に

  10. 9

    元サッカー日本代表・大野俊三さん 第2の人生は波乱万丈

  11. 10

    なぜ嫌中・嫌韓の人たちは他国を貶めることに注力するのか

もっと見る