• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

3代目“散歩人”高田純次の魅力は「あまりのいい加減さ」

コラム【桧山珠美 「あれもこれも言わせて」】

「どうも。ジュンジ・クルーニーです」

 9月28日にスタートした「じゅん散歩」(テレビ朝日)のワンシーンだ。

 地井武男の「ちい散歩」、加山雄三の「ゆうゆう散歩」に続き、3代目の散歩人になったのはご存じ、テキトー男・高田純次(68)。初日は有楽町からスタート。その冒頭でいきなりこんなふざけた挨拶をかましてくれた。さらに、バスに乗り込もうとして「とりあえず、バスに乗ってバスの旅にしちゃいますか? いろんな局がやってるからなあ」と、脱力感たっぷりのコメント。

 他にも店のあるじに「もうやってるの?」と話し掛けて、「やってますよ、どうぞどうぞ」と言われると、「やってるかどうか聞いただけ」と言って結局、その店には入らないとか、日比谷公園でスパーリングしていたサラリーマン2人組に近づいて「お昼食べたの?」と話し掛け、「まだです」と言われると、「勝手に2人で食べてね。君たちがきれいなOLさんだったら誘うけど」と立ち去った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権また後手後手 西日本豪雨の補正予算が置き去りに

  2. 2

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  3. 3

    日大アメフト部新監督 立命大OB内定に選手らは拒否反応

  4. 4

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  5. 5

    政財界とも結びつき深く…故・浅利慶太さんの「功と罪」

  6. 6

    傲慢でぶれない自民党と公明党 国民のことは考えていない

  7. 7

    サンドウィッチマン富澤 2007年M-1優勝の瞬間を振り返る

  8. 8

    生田悦子さん 最期の言葉は「サンドイッチ買ってきて」

  9. 9

    ドラマ引っ張りだこ 「高嶺の花」でも話題の峯田和伸って

  10. 10

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

もっと見る