腕の毛を剃り…番組卒業する加山雄三の“サプライズ”に衝撃

公開日:  更新日:

【連載コラム 桧山珠美の「あれもこれも言わせて」】

 お年寄りが元気だ。

 永六輔(82)は長年つとめたラジオのパーソナリティーを9月で降板すると思ったら、月曜夕方への枠移動で現役続行。橋田寿賀子(90)も情報番組の単独取材で引退表明かと報道されたが、ご本人はそれを否定。「まだまだ書きます」と鼻息が荒い。黒柳徹子(82)も26日の「徹子の部屋」の生放送で、しゃべっている最中にCMに入る音楽が流れ、「あっ、コマーシャルですね。私の話なんかどうでもいいってことですね」とチクリ――。

 そこで加山雄三(78)である。9月いっぱいで「若大将のゆうゆう散歩」(テレビ朝日)を卒業する。12年5月、「ちい散歩」の後を受けてスタートして3年半。よく続いたものだ。なんといっても、歩くのが嫌いときている。散歩番組にとってこれは致命的だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  3. 3

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  4. 4

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  5. 5

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  6. 6

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  9. 9

    FA浅村の楽天入り決定 ソフトBは“赤っ恥”で来季へ遺恨残す

  10. 10

    倉科カナが三くだり半…竹野内豊“結婚しない男”の罪深さ

もっと見る