• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

福山とは正反対 爆問・田中の結婚が「歓迎ムード」一色のワケ

 つい2カ月前、所属事務所タイタンの太田光代社長(51)が「なんの騒ぎじゃ! 弊社のタレント、誰も結婚してません」と結婚報道を否定したばかりというのに、4日、田中裕二が生放送中にいきなり山口もえとの結婚を発表したのは誰もがビックリだった。

 しかし、もっと驚いたのは、日頃、何かと難癖をつけたがるネット住民たちが両者のバツイチ婚を歓迎していることだ。ネットには「ウーチャカ(田中の愛称)、おめでとう」「もえちゃんとなら男女のドロドロしたカンジもなくこれからも仲良くいられそう」「ウーチャカが幸せならそれでいい」といった書き込みが相次いでいる。「あ~、会社、休みたくなった」という反応がほとんどだった福山雅治の結婚とは大違いだ。

「そりゃそうでしょう。福山は“芸能界最後の独身”と言われたモテ男。一方の田中はバツイチ、身長154センチのチビでデブ。そんな田中が“離婚後、ますます色っぽくなった”などと評される山口と結婚できたのだから、世の男たちにとってはむしろ“希望の星”です」(芸能リポーター)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  2. 2

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

  3. 3

    野田聖子氏周辺に疑惑 仮想通貨「GACKTコイン」接点は?

  4. 4

    なぜ? 「大阪万博」スポンサーに米国カジノ企業が次々と

  5. 5

    乃木坂46白石麻衣 不可解なドタキャン騒動に大ブーイング

  6. 6

    安倍首相を守り栄転 太田理財局長は“論功行賞”で主計局長

  7. 7

    48歳・仙道敦子「この世界の片隅に」で女優復帰の舞台裏

  8. 8

    ユニクロの狙いは? フェデラーと“10年300億円契約”の意味

  9. 9

    安倍首相を悩ませる 金正恩の「拉致問題」への対応一変

  10. 10

    広島追撃にキーマン不在…巨人・坂本は長期離脱の可能性も

もっと見る