浜崎あゆみを例に…エイベックスの「JASRAC離脱」どうなる?

公開日:  更新日:

 サラリーマンがカラオケで歌うと、知らない間に「チャリーン」とお金を取られる、その先は日本音楽著作権協会(JASRAC)――。長い間それが当たり前だったが、これにエイベックスが“挑戦状”を叩きつけた。“第2のJASRAC”といわれ、ネット配信系が中心の著作権管理業者イーライセンスを系列に収め、著作権管理を移行する手続きを始めたことでエイベックスが「JASRACを離脱」といわれて話題なのだ。

 現在、日本ではJASRACが著作権市場を独占している状態で、独占禁止法違反ではないかと最高裁でも争われた。ただ、この問題はとかく一般にはわかりにくい。何が変わるか、エイベックス所属の浜崎あゆみ(37)を例にすると――。

 現在、浜崎のCDが売れると、6%がJASRACに入るが、イーライセンスなら5%で従来より1%少なくてすむ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権に財界ソッポ 目玉の「原発輸出」日立凍結で全滅

  2. 2

    嫌われクロちゃんが一転…キャバ嬢に大人気の意外な理由

  3. 3

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  4. 4

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  5. 5

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  6. 6

    動くとビキニが…水原希子“透け映えコーデ”に会場クギづけ

  7. 7

    NHK紅白なのに“特別枠”ばかり 平成最後はご都合主義の極み

  8. 8

    嶋大輔が復活!「今日俺」でのリバイバルに本人びっくり

  9. 9

    石崎ひゅーいとは破局か “共演者キラー”蒼井優の次の相手

  10. 10

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

もっと見る