浜崎あゆみを例に…エイベックスの「JASRAC離脱」どうなる?

公開日: 更新日:

 サラリーマンがカラオケで歌うと、知らない間に「チャリーン」とお金を取られる、その先は日本音楽著作権協会(JASRAC)――。長い間それが当たり前だったが、これにエイベックスが“挑戦状”を叩きつけた。“第2のJASRAC”といわれ、ネット配信系が中心の著作権管理業者イーライセンスを系列に収め、著作権管理を移行する手続きを始めたことでエイベックスが「JASRACを離脱」といわれて話題なのだ。

 現在、日本ではJASRACが著作権市場を独占している状態で、独占禁止法違反ではないかと最高裁でも争われた。ただ、この問題はとかく一般にはわかりにくい。何が変わるか、エイベックス所属の浜崎あゆみ(37)を例にすると――。

 現在、浜崎のCDが売れると、6%がJASRACに入るが、イーライセンスなら5%で従来より1%少なくてすむ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ジャニーズ退所を加速させた「演出家・錦織一清」の名声

  2. 2

    巨人V2でも嵐のオフ リストラ人員増、FA獲得に40億円捻出

  3. 3

    組閣から10日 身体検査できず新大臣3人にスキャンダル噴出

  4. 4

    「ふざけんなよ」と思いながら渋々従ったボビー監督の指令

  5. 5

    原監督はG史上最多の1067勝 なぜ他からオファーがない?

  6. 6

    山口達也容疑者の飲酒事故がTOKIO松岡の仕事に影を落とす

  7. 7

    山口達也逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  8. 8

    和田アキ子が冠番組で大ポカ…晩節汚し石田純一の二の舞に

  9. 9

    入れ墨は50歳になってからがいい?全身タトゥーで美を追求

  10. 10

    菅野と涌井にも異変 コロナで試合減も投手の肘は崩壊寸前

もっと見る