“酒豪俳優”石倉三郎 京都からの誘いに「行くよ」と新幹線で…

公開日:  更新日:

 俳優で、かつてはコメディアンとしても大活躍した石倉三郎さん(68)。「その気になれば、今でも1升ぐらいはすぐ空けちゃうよ」と語る、芸能界屈指の酒豪だ。

■信念は“誘いは一切断るな。酒の席には福がある”

「いま、橋爪(功)さんたちと飲んでるんだけど、来ない?」

 いきなりですよ。6年ほど前の冬かな。俺の携帯電話に電話をかけてきたのは、萬田久子さんでさ。口調からすると飲み始めって感じでね。

「わかった。行くよ。どこにいるんだ?」

「へへへー。無理よ。だって京都なんだもん」

 そう聞いたら、行くしかないじゃないですか。電話をもらったのが夕方6時少し前。自宅だったか、女房が女将をやってる門前仲町の小料理屋「花菱」だったか、忘れたけど、そのまんま財布だけ持って行きましたよ、京都。新幹線に乗っちゃえば、2時間20分ほどだし。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  2. 2

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  3. 3

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  4. 4

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  5. 5

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

  6. 6

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  7. 7

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  8. 8

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  9. 9

    FA炭谷加入で…G小林“正捕手剥奪”で年俸6000万円飼い殺し

  10. 10

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

もっと見る