壮絶人生を吐露も…酒井法子が戸惑った「4人の母」への問い

公開日: 更新日:

 歌手で女優の酒井法子(44)が18日発売の「新潮45」で“自分自身”について赤裸々に語っている。

「芸能界はさみしさの王国」と題した全9ページの対談。アイドル評論家の中森明夫氏を相手に複雑な家庭環境で育った過去から、覚醒剤逮捕や離婚を経た現状、そして結婚観まで質問ひとつひとつに“本音”で答えているのだ。

 中森氏は発売されたばかりの自著「寂しさの力」(新潮新書)の中で、〈酒井法子には「自分」がない。からっぽだった。からっぽになることでしか生きてはこられなかった〉とつづっている。

 のりピーは自分を“からっぽ扱い”した相手の取材オファーに応じたわけだが、「まさか受けてくれるとは思わなかった」と中森氏。28年ぶりの再会をこう振り返る。

「ズケズケと聞く中で、彼女が最も戸惑った表情を見せたのが、“母親といったら誰の顔が一番最初に浮かぶか”という質問でした。のりピーには4人の母親がいる。生みの親、育ての親にあたる伯母、そして父親の再婚相手と再々婚相手。母の存在ひとつとっても複雑な家庭環境で育っているわけです。答えたくてもすぐに答えられないという表情には悲哀が表れていた。見かけの華やかさとは異なり、生き馬の目を抜く芸能界ではハングリー精神や心に秘めた寂しさが原動力になる。近年の芸能界で群を抜いて壮絶な人生を歩んでいるひとり。あのような事件を起こし、大バッシングを受け、芸能界復帰に対する世間の風当たりは強い。もっともな意見です。ただ孤独と寂しさを抱えるからこそ、酒井法子は芸能界でしか生きられない。あの表情を見て、改めて実感しました」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    上白石人気は萌歌→萌音に…女優姉妹で“逆転現象”のナゼ?

  2. 2

    尾身会長「系列病院」にコロナ患者受け入れ“後ろ向き”疑惑

  3. 3

    無能クズっぷり全国トップの吉村知事が「評価」される怖さ

  4. 4

    危機感なき菅首相に尾身会長“ブチ切れ” 会見でアテこすり

  5. 5

    東京五輪「中止」正式決定へ“秒読み”…デッドラインは2月

  6. 6

    吉岡里帆“貪欲さ”でアンチを味方に 沢尻エリカ逮捕が転機

  7. 7

    ステージ4が無実化…見捨てられた「緊急事態」5つの自治体

  8. 8

    前田敦子の全米進出に勝機 カギを握るは濃厚ベッドシーン

  9. 9

    五輪選手村なぜ活用しない? コロナ感染者2日連続2千人超

  10. 10

    菅首相「2月下旬から開始」ワクチン接種の甘すぎる目論見

もっと見る