壮絶人生を吐露も…酒井法子が戸惑った「4人の母」への問い

公開日:  更新日:

 歌手で女優の酒井法子(44)が18日発売の「新潮45」で“自分自身”について赤裸々に語っている。

「芸能界はさみしさの王国」と題した全9ページの対談。アイドル評論家の中森明夫氏を相手に複雑な家庭環境で育った過去から、覚醒剤逮捕や離婚を経た現状、そして結婚観まで質問ひとつひとつに“本音”で答えているのだ。

 中森氏は発売されたばかりの自著「寂しさの力」(新潮新書)の中で、〈酒井法子には「自分」がない。からっぽだった。からっぽになることでしか生きてはこられなかった〉とつづっている。

 のりピーは自分を“からっぽ扱い”した相手の取材オファーに応じたわけだが、「まさか受けてくれるとは思わなかった」と中森氏。28年ぶりの再会をこう振り返る。

「ズケズケと聞く中で、彼女が最も戸惑った表情を見せたのが、“母親といったら誰の顔が一番最初に浮かぶか”という質問でした。のりピーには4人の母親がいる。生みの親、育ての親にあたる伯母、そして父親の再婚相手と再々婚相手。母の存在ひとつとっても複雑な家庭環境で育っているわけです。答えたくてもすぐに答えられないという表情には悲哀が表れていた。見かけの華やかさとは異なり、生き馬の目を抜く芸能界ではハングリー精神や心に秘めた寂しさが原動力になる。近年の芸能界で群を抜いて壮絶な人生を歩んでいるひとり。あのような事件を起こし、大バッシングを受け、芸能界復帰に対する世間の風当たりは強い。もっともな意見です。ただ孤独と寂しさを抱えるからこそ、酒井法子は芸能界でしか生きられない。あの表情を見て、改めて実感しました」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    辺野古「県民投票」不参加表明 沖縄県“アベ友”5市長の評判

  7. 7

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  8. 8

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  9. 9

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る