• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

自宅億ション差し押さえ…清原和博がすがる最後のスポンサー

 24日に「清原和博 破産寸前」と書いた日刊ゲンダイ本紙に続き、25日発売の週刊文春が「広尾の自宅億ションが、9月10日に渋谷区により差し押さえられている」と報じている。文春は、住民税の滞納が原因ではないか、としているが、いずれにしろ清原が金銭的に逼迫しているのは間違いない。

 本紙の既報通り、タレントとしても野球解説者としても開店休業状態の清原は、1回100万円といわれる地方パチンコ店のイベントで食いつないでいるのが実情だ。この営業を斡旋しているのが、東北・北海道を中心に事業展開している総合アミューズメント業の「V」社。清原はここが運営するパチンコチェーンのイメージキャラクターを務めている。「V」社は、さまざまなスキャンダルが出てもなお、清原を応援しようという数少ないスポンサー筋だ。

「自宅マンションが差し押さえられ、持っていた高級外車もすべて売却したそうだ。金銭的に追い詰められた彼が頼るとしたら、今はもう『V』社しかないと思う」とは、以前に清原と付き合いのあった広告代理店関係者だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    脇雅史氏が自民批判「政党さえ勝てばいいでは国が終わる」

  2. 2

    内閣支持率が軒並み急落 驕れる安倍政権に国民の怒り爆発

  3. 3

    ブレーク時は最高月収500万円 “即興なぞかけ”ねづっちは今

  4. 4

    捕手難にあえぐ巨人…育成継続かFA西武炭谷獲りに動くのか

  5. 5

    ボロアパートの横に諸星和己が…竹原慎二さんのド貧乏時代

  6. 6

    人権の意味をわからず 「LGBT支援は必要ない」という暴論

  7. 7

    政治資金から「利息」 自民・穴見議員のトンデモ“錬金術”

  8. 8

    中居正広“ジャニーズ残留”決定か…ウラに野望とカネと打算

  9. 9

    18番で痛恨OB 松山英樹“1打足りず予選落ち”は当然の結果か

  10. 10

    冠番組が2ケタ視聴率…出川哲朗に叶姉妹との意外な共通点

もっと見る