自宅億ション差し押さえ…清原和博がすがる最後のスポンサー

公開日: 更新日:

 24日に「清原和博 破産寸前」と書いた日刊ゲンダイ本紙に続き、25日発売の週刊文春が「広尾の自宅億ションが、9月10日に渋谷区により差し押さえられている」と報じている。文春は、住民税の滞納が原因ではないか、としているが、いずれにしろ清原が金銭的に逼迫しているのは間違いない。

 本紙の既報通り、タレントとしても野球解説者としても開店休業状態の清原は、1回100万円といわれる地方パチンコ店のイベントで食いつないでいるのが実情だ。この営業を斡旋しているのが、東北・北海道を中心に事業展開している総合アミューズメント業の「V」社。清原はここが運営するパチンコチェーンのイメージキャラクターを務めている。「V」社は、さまざまなスキャンダルが出てもなお、清原を応援しようという数少ないスポンサー筋だ。

「自宅マンションが差し押さえられ、持っていた高級外車もすべて売却したそうだ。金銭的に追い詰められた彼が頼るとしたら、今はもう『V』社しかないと思う」とは、以前に清原と付き合いのあった広告代理店関係者だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  2. 2

    東出不倫騒動トバッチリなのに…桐谷健太が見せた“神対応”

  3. 3

    東出昌大は「不倫常習者の典型」と識者…杏は苦しい決断に

  4. 4

    角栄側近・石井一氏が語る ロッキード事件真相と政治腐敗

  5. 5

    小田嶋隆氏「最大の罪は国の文化と社会を破壊したこと」

  6. 6

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  7. 7

    他の芸能人と何が違う?東出昌大の不倫を批判する大衆心理

  8. 8

    東出の実母が関係修復に尽力 姑の泣き落としに杏の反応は

  9. 9

    竹内涼真「テセウス」大健闘 視聴者“予定調和好き”異変か

  10. 10

    鈴木杏樹の不倫対応で思い出す…二人の女優が残した“名言”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る