自宅億ション差し押さえ…清原和博がすがる最後のスポンサー

公開日:  更新日:

 24日に「清原和博 破産寸前」と書いた日刊ゲンダイ本紙に続き、25日発売の週刊文春が「広尾の自宅億ションが、9月10日に渋谷区により差し押さえられている」と報じている。文春は、住民税の滞納が原因ではないか、としているが、いずれにしろ清原が金銭的に逼迫しているのは間違いない。

 本紙の既報通り、タレントとしても野球解説者としても開店休業状態の清原は、1回100万円といわれる地方パチンコ店のイベントで食いつないでいるのが実情だ。この営業を斡旋しているのが、東北・北海道を中心に事業展開している総合アミューズメント業の「V」社。清原はここが運営するパチンコチェーンのイメージキャラクターを務めている。「V」社は、さまざまなスキャンダルが出てもなお、清原を応援しようという数少ないスポンサー筋だ。

「自宅マンションが差し押さえられ、持っていた高級外車もすべて売却したそうだ。金銭的に追い詰められた彼が頼るとしたら、今はもう『V』社しかないと思う」とは、以前に清原と付き合いのあった広告代理店関係者だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    ラグビーW杯決勝が22万円に! 横行するネットダフ屋の実態

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  10. 10

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

もっと見る