日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

自宅億ション差し押さえ…清原和博がすがる最後のスポンサー

 24日に「清原和博 破産寸前」と書いた日刊ゲンダイ本紙に続き、25日発売の週刊文春が「広尾の自宅億ションが、9月10日に渋谷区により差し押さえられている」と報じている。文春は、住民税の滞納が原因ではないか、としているが、いずれにしろ清原が金銭的に逼迫しているのは間違いない。

 本紙の既報通り、タレントとしても野球解説者としても開店休業状態の清原は、1回100万円といわれる地方パチンコ店のイベントで食いつないでいるのが実情だ。この営業を斡旋しているのが、東北・北海道を中心に事業展開している総合アミューズメント業の「V」社。清原はここが運営するパチンコチェーンのイメージキャラクターを務めている。「V」社は、さまざまなスキャンダルが出てもなお、清原を応援しようという数少ないスポンサー筋だ。

「自宅マンションが差し押さえられ、持っていた高級外車もすべて売却したそうだ。金銭的に追い詰められた彼が頼るとしたら、今はもう『V』社しかないと思う」とは、以前に清原と付き合いのあった広告代理店関係者だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事