固定給&ギャラ 「吉本興業」石井一久は日本一稼ぐ契約社員

公開日:  更新日:

「(出席者が)5~6人だと思ったのに。3万人(の前で登板する)より緊張します。みなさんが僕の方を見ていると緊張するので、僕の顔は見ないでください」

 壇上でガチガチだったのは、元西武の石井一久(40)。14日、「ふるさとアスリート(FA)」概要発表会見に「スポーツマネジメント・エグゼクティブプロデューサー」として出席。アスリートやスポーツ経験のある一般人から「ふるさとアスリート」を選抜し、オファーの来た学校や企業で指導を行う地域活性プロジェクトについてプレゼンした。緊張から言葉に詰まる場面も多かったが、自らの指導について聞かれると「僕はゴルフが好きなので、ゴルフをやりたい」と野球選手らしからぬ発言で笑いを誘っていた。

 昨季で現役を引退。今年4月に契約社員として吉本興業に入社した。現役時代の独特なコメントは健在で、「中途半端な芸人よりも面白い」と話題に。本業である野球解説者の仕事以外の出演も多く、「アウト×デラックス」(フジテレビ系)などバラエティー畑でも引っ張りだこだ。6月には芸人でないにもかかわらず、「アメトーーク!」(テレビ朝日系)に出演。「寂しいお父さん芸人」として「息子の部屋に自分があげたプレゼントが未開封のまま置かれていた」「引退を考えたとき、『いいんじゃない? 自分の人生だから』と言われた。『お父さんやめないで』と言ってくれると思ったのに……」と寂しいエピソードを披露してしっかり笑いを取っていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  3. 3

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  4. 4

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  5. 5

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  6. 6

    米中“諜報戦争”激化で…安倍首相は日中関係のちゃぶ台返し

  7. 7

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  8. 8

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  9. 9

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  10. 10

    食えもしねえのに食い意地の張った巨人・原“監督大将”の話

もっと見る