実は時代劇初挑戦…“小顔”竹内結子に寄せられる期待と不安

公開日: 更新日:

「えーッ、まだ出たことなかったの?」――そう思った読者も多かったに違いない。女優歴19年の竹内結子(35)が時代劇に初挑戦だそうだ。

 出演するのは来年5月公開予定の「殿、利息でござる!」(中村義洋監督)。この中で竹内が演じるのは、竹を割ったような性格の飯屋の女将。原作「無私の日本人」(磯田道史著)には登場しないキャラクターだが、中村監督の「結子さんの日本髪を一度見てみたい」との希望で実現したそうだ。そこで気になるのは「初時代劇」「初日本髪」という部分。現代劇で見慣れた竹内に不安要素はないのか。

「時代劇の所作は一朝一夕にできるものではないので、これは経験を積むしかないですね。さらに最近の女優さんにいえるのは、みなさんスタイルが良すぎて、顔が小さいことです。顔が小さいとカツラが合わないし、背が高いと着物姿がイブニングドレスのようになってしまって和服の“豊かさ”を表現できない難点があります」(製作関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  2. 2

    木下優樹菜に第2、第3の男の影「急転引退」狙いと全舞台裏

  3. 3

    安倍首相の顔色に異変…髪乱れ生気なく党内に懸念広がる

  4. 4

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  5. 5

    小池都知事“地元のお友達”豊島区優遇で新宿区長がブチ切れ

  6. 6

    手越祐也の新居家賃200万円問題 ジャニーズ退所で楽勝か

  7. 7

    元ヤン木下優樹菜の更生を“全方位”で支える藤本の献身ぶり

  8. 8

    平野&中島「未満警察」もはやコメディー 敗因は幼い脚本

  9. 9

    安藤優子も…フジ“聖域”なきリストラの裏の深刻台所事情

  10. 10

    打ち切り説「バイキング」に拡大報道…フジは坂上忍と心中

もっと見る