実は時代劇初挑戦…“小顔”竹内結子に寄せられる期待と不安

公開日:  更新日:

「えーッ、まだ出たことなかったの?」――そう思った読者も多かったに違いない。女優歴19年の竹内結子(35)が時代劇に初挑戦だそうだ。

 出演するのは来年5月公開予定の「殿、利息でござる!」(中村義洋監督)。この中で竹内が演じるのは、竹を割ったような性格の飯屋の女将。原作「無私の日本人」(磯田道史著)には登場しないキャラクターだが、中村監督の「結子さんの日本髪を一度見てみたい」との希望で実現したそうだ。そこで気になるのは「初時代劇」「初日本髪」という部分。現代劇で見慣れた竹内に不安要素はないのか。

「時代劇の所作は一朝一夕にできるものではないので、これは経験を積むしかないですね。さらに最近の女優さんにいえるのは、みなさんスタイルが良すぎて、顔が小さいことです。顔が小さいとカツラが合わないし、背が高いと着物姿がイブニングドレスのようになってしまって和服の“豊かさ”を表現できない難点があります」(製作関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    都内のスーパーで特売品を 安室奈美恵「引退後2カ月」の今

  2. 2

    片山さつき大臣の「カレンダー」無償配布疑惑に決定的証言

  3. 3

    広島・丸取り表明のロッテ 巨人との資金差は絶望的10億円

  4. 4

    玉城デニー沖縄知事の訪米に官邸・外務省が“横ヤリ”疑惑

  5. 5

    専門家に聞く 日米FTAの行方と暴走するトランプへの対抗策

  6. 6

    弱者蔑視、答弁はぐらかし 安倍内閣の象徴が片山さつき

  7. 7

    原監督は明言も…巨人・岡本「来季三塁構想」の信ぴょう性

  8. 8

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

  9. 9

    民営化で料金5倍に? 「水道水」がコーラよりも高くなる日

  10. 10

    織田裕二vs坂上忍に遺恨勃発…共演NGに至るまでの「因縁」

もっと見る