大河「花燃ゆ」第3部で存在感 田中麗奈はいまや時代劇名脇役

公開日: 更新日:

 NHKの大河ドラマ「花燃ゆ」は、なかなか盛り返せないまま、残り4カ月となった。舞台は萩藩の「奥」に移ったが、女だらけのシーンが増えた第3部(今回の大河は3カ月ごとに展開が変わる4部構成らしい)から登場している田中麗奈がいい。

 主人公(井上真央)の名前が文から“美和”になって奥に入り姫に仕えたため、面白くなるかは銀姫役の麗奈にかかっていた。

 最初は美和に対し、「私はおまえが嫌いじゃ」とか「面白い、われのその働き、とくと見せてもらおう」とワガママでイジワルな姫を単純に演じていて、「おほほほほほっ!」と引きつった笑いがヘンだった。しかし、回を追うごとに美和との信頼感が芽生え、子供を出産した後には「美和、私の手で育てる……。手伝うてくれるか」と結束。ふたりの友情がドラマのひとつの柱になってきた。

 思い起こせば、麗奈は「がんばっていきまっしょい」(98年、懐かしい!)以来、しばらくは映画のみでテレビは出ない(CMは出る)というスタンスで女優をしてきたように見えた。いつの頃からかドラマにも出始めたが、「徒歩7分」(14年、NHK-BSプレミアム)、「美しき罠」(15年、TBS)といった近年の主役ドラマは話題にもならなかった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍首相「逃げ恥作戦」大誤算…G7サミット延期で計画倒れ

  2. 2

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  3. 3

    竹内涼真は東出級の反感も…コロナ禍に同棲女優追い出し報

  4. 4

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  5. 5

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

  6. 6

    木村花さん死去「テラハ」敏腕プロデューサーM女史の評判

  7. 7

    遅刻の虎藤浪は無期限二軍も…「メジャー挑戦が最善」の声

  8. 8

    石田純一は沖縄で女性と会食…東尾理子激怒で三くだり半か

  9. 9

    テラハ木村花さん死去 フジテレビにのしかかる3つの大問題

  10. 10

    安藤裕氏 コロナ禍こそ平成の経済対策に終止符を打つべき

もっと見る