市川由紀乃に歌手“再出発”を決意させた大作曲家の笑顔

公開日:  更新日:

 演歌歌手は男と女の情念、情愛を歌う、繊細な表現力と同じくらいに、タフな精神力を要求される。ヒットを望む周囲の期待に応え、どれだけ努力しても報われない日々がほとんどだからだ。歌手の市川由紀乃さん(39)も、心が折れて疲れ果て、ステージに立てなかった4年半がある。

■歌の世界を離れてからは「歌番組」も見なかった

 私が25歳のときのことです。歌も人生も一歩も前に進めなくなり、事務所の社長に「辞めます」と言って、新宿の天ぷら屋さんで働くことにしたんです。17歳でデビューして以来、歌の世界だけで生きてきたので、履歴書を書くのも初めてで……。最初の1年間は歌番組も見ませんでした。

 歌とのつながりといえば、作曲家の市川昭介先生(享年73)の毎年の同門会。大先輩の畠山みどりさんらが、辞めた私にもお便りを下さり、顔を出させていただいていました。先生は「今どうしてるの?」と優しい笑顔で迎えてくださり、私の話に耳を傾けてくれました。どうして辞めたのかとか、問い詰めるようなことは一切ありません。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  2. 2

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  5. 5

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

  6. 6

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  7. 7

    次女コウキのデビュー遠因か…父・木村拓哉が漏らした本音

  8. 8

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  9. 9

    「外交の安倍」どころか疫病神 日露、日韓、日米の無残

  10. 10

    「3年A組」好調キープ 狂気はらむ菅田将暉“演技力の源泉”

もっと見る