市川由紀乃に歌手“再出発”を決意させた大作曲家の笑顔

公開日:  更新日:

 演歌歌手は男と女の情念、情愛を歌う、繊細な表現力と同じくらいに、タフな精神力を要求される。ヒットを望む周囲の期待に応え、どれだけ努力しても報われない日々がほとんどだからだ。歌手の市川由紀乃さん(39)も、心が折れて疲れ果て、ステージに立てなかった4年半がある。

■歌の世界を離れてからは「歌番組」も見なかった

 私が25歳のときのことです。歌も人生も一歩も前に進めなくなり、事務所の社長に「辞めます」と言って、新宿の天ぷら屋さんで働くことにしたんです。17歳でデビューして以来、歌の世界だけで生きてきたので、履歴書を書くのも初めてで……。最初の1年間は歌番組も見ませんでした。

 歌とのつながりといえば、作曲家の市川昭介先生(享年73)の毎年の同門会。大先輩の畠山みどりさんらが、辞めた私にもお便りを下さり、顔を出させていただいていました。先生は「今どうしてるの?」と優しい笑顔で迎えてくださり、私の話に耳を傾けてくれました。どうして辞めたのかとか、問い詰めるようなことは一切ありません。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  3. 3

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  4. 4

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  5. 5

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  6. 6

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  9. 9

    FA浅村の楽天入り決定 ソフトBは“赤っ恥”で来季へ遺恨残す

  10. 10

    倉科カナが三くだり半…竹野内豊“結婚しない男”の罪深さ

もっと見る