バレエ挫折…水谷豊の娘・趣里が出合った「第2のお父さん」

公開日:  更新日:

 なりたい自分は見えていて、がむしゃらにやっていても、具体的にどう這い上がっていくかが分からない。クラシックバレエの夢は、足首の剥離骨折とアキレス腱断裂で挫折した。両親である水谷豊(63)と伊藤蘭(60)と同じ芸能界で、女優として歩みだした趣里(25)は、思うに任せぬ日々の中、映画や舞台を見ていると……。

■私個人として生きていいんだ、って

 世界観が好き。まだバレエをやっていた時ですが、空間が落ち着いていて、この中に入りたいって思った舞台と出合ったんです。

 岩松了さん(63)演出の「シェイクスピア・ソナタ」(2007年)という作品。そこまで思ったのも初めてなら、同じお芝居を6回見に行ったのも、初めてでした。いま思うと、お芝居に興味を持ったきっかけだったと思います。

 そして、「国民傘」という岩松さんの作品でオーディションを受けるチャンスがあったんです。最終までいったんですけど、結果は不合格。私は行き詰まると心を閉じてしまうところがあり、「また、このまま終わっちゃうのかなあ」って、バレエを諦めたときの気持ちがふと蘇ったりしていました。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  8. 8

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  9. 9

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  10. 10

    【日曜中山11R・オールカマー】今年も絶好調!ルメール レイデオロ

もっと見る