バレエ挫折…水谷豊の娘・趣里が出合った「第2のお父さん」

公開日: 更新日:

 なりたい自分は見えていて、がむしゃらにやっていても、具体的にどう這い上がっていくかが分からない。クラシックバレエの夢は、足首の剥離骨折とアキレス腱断裂で挫折した。両親である水谷豊(63)と伊藤蘭(60)と同じ芸能界で、女優として歩みだした趣里(25)は、思うに任せぬ日々の中、映画や舞台を見ていると……。

■私個人として生きていいんだ、って

 世界観が好き。まだバレエをやっていた時ですが、空間が落ち着いていて、この中に入りたいって思った舞台と出合ったんです。

 岩松了さん(63)演出の「シェイクスピア・ソナタ」(2007年)という作品。そこまで思ったのも初めてなら、同じお芝居を6回見に行ったのも、初めてでした。いま思うと、お芝居に興味を持ったきっかけだったと思います。

 そして、「国民傘」という岩松さんの作品でオーディションを受けるチャンスがあったんです。最終までいったんですけど、結果は不合格。私は行き詰まると心を閉じてしまうところがあり、「また、このまま終わっちゃうのかなあ」って、バレエを諦めたときの気持ちがふと蘇ったりしていました。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ジャニーズ退所を加速させた「演出家・錦織一清」の名声

  2. 2

    組閣から10日 身体検査できず新大臣3人にスキャンダル噴出

  3. 3

    「ふざけんなよ」と思いながら渋々従ったボビー監督の指令

  4. 4

    巨人V2でも嵐のオフ リストラ人員増、FA獲得に40億円捻出

  5. 5

    山口達也逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  6. 6

    原監督はG史上最多の1067勝 なぜ他からオファーがない?

  7. 7

    わずらわしさからFA宣言…他球団からはトレードの打診も

  8. 8

    和田アキ子が冠番組で大ポカ…晩節汚し石田純一の二の舞に

  9. 9

    入れ墨は50歳になってからがいい?全身タトゥーで美を追求

  10. 10

    菅野と涌井にも異変 コロナで試合減も投手の肘は崩壊寸前

もっと見る