川島なお美が古谷一行に感謝 「ラブシーン感情移入できた」

公開日:  更新日:

 今年1月に肝内胆管がんの手術を受けた川島なお美(53)。「生存率の厳しい芸能界で35年生存してきたので大丈夫」と退院後すぐに仕事復帰。そんな気丈な女優の出世作となった主演ドラマ「失楽園」が97年の放送以来17年経って初めてDVD化された。全裸撮影など厳しい撮影の支えになったのは共演の名俳優だった――。

■京都で、日光で、毎回のようにベッドシーン

 22時台のドラマとしては異例の高視聴率を記録し、制作した読売テレビの最高視聴率記録を長年守り続けた伝説のドラマ「失楽園」はきわどいシーンの連続。「この作品は私にとって十字架です」と当時を振り返る川島は、ベッドシーンでは前張りなしで撮影に挑むなど体当たりで演技した。

「凛子役は私じゃなくちゃダメだと言ってくださった渡辺淳一先生のおかげで、この役を演じられたことは間違いないですが、凛子を演じていく中で相手役の古谷(一行)さんにはいろいろと無理を聞いていただいて、非常に感謝しています」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  4. 4

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  5. 5

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  6. 6

    2年契約満了で去就は 中日ビシエド水面下で“静かなる銭闘”

  7. 7

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  8. 8

    プーチンに後から反論…安倍首相“フェイク発言”の苦し紛れ

  9. 9

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  10. 10

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

もっと見る