川島なお美が古谷一行に感謝 「ラブシーン感情移入できた」

公開日: 更新日:

 今年1月に肝内胆管がんの手術を受けた川島なお美(53)。「生存率の厳しい芸能界で35年生存してきたので大丈夫」と退院後すぐに仕事復帰。そんな気丈な女優の出世作となった主演ドラマ「失楽園」が97年の放送以来17年経って初めてDVD化された。全裸撮影など厳しい撮影の支えになったのは共演の名俳優だった――。

■京都で、日光で、毎回のようにベッドシーン

 22時台のドラマとしては異例の高視聴率を記録し、制作した読売テレビの最高視聴率記録を長年守り続けた伝説のドラマ「失楽園」はきわどいシーンの連続。「この作品は私にとって十字架です」と当時を振り返る川島は、ベッドシーンでは前張りなしで撮影に挑むなど体当たりで演技した。

「凛子役は私じゃなくちゃダメだと言ってくださった渡辺淳一先生のおかげで、この役を演じられたことは間違いないですが、凛子を演じていく中で相手役の古谷(一行)さんにはいろいろと無理を聞いていただいて、非常に感謝しています」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    厚生年金70歳以上義務化で日本は“ブラック国家”まっしぐら

  2. 2

    広瀬すずにもNHKピリピリ…朝ドラ主演の過酷さと監督事情

  3. 3

    「昭和の人間ですが」中森明菜が平成最後に綴る手紙の悲痛

  4. 4

    化粧しっかり…松嶋菜々子「なつぞら」の"雪肌"に違和感

  5. 5

    いい人アピール安倍首相“大聖堂お見舞い”プランのハタ迷惑

  6. 6

    「なつぞら」広瀬すず友達役…富田望生は“視聴率の女神”か

  7. 7

    あんだけ体重があるのに大阪桐蔭の西谷監督はフットワークが軽い

  8. 8

    パ球団トレード打診も…阪神は藤浪を“飼い殺し”にするのか

  9. 9

    杉並区議選応援で大混乱 杉田水脈議員に差別発言の“呪い”

  10. 10

    「なつぞら」高畑淳子 "テンション高め"の演技に懸念浮上

もっと見る