• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

女優の榊原るみさん ロス在住で経験した「医療破産」の恐怖

 今や完全に死語だろう。“お嫁さんにしたい女優”なる言葉。70年代、かわいい清純派はみんなこの形容詞がついたが、中でもこの人は“お嫁さんにしたい女優ナンバーワン”とさらに上をいった。クリクリした瞳とショートヘアが懐かしい榊原るみさん(64)だ。今どうしているのか。

「11月28日封切りの映画『クロスロード』は夫のすずきじゅんいちが監督を務め、青年海外協力隊を描いたヒューマン作品です。主演がEXILEの黒木啓司さんと渡辺大さん、それにファッション界やハリウッドで大活躍中のTAOさん、脇を長塚京三さん、山本未來さん、加藤雅也さん、プロレスラーの飯伏幸太さんらが固め、ワタシは黒木さんの母親役。映画は02年3月公開の『ひとりね』以来、13年ぶりになりますね」

 港区内の自宅で会った榊原さん、まずはこういった。


 すずき監督は東大文学部を卒業後、日活から監督デビュー。フリーに転じてからは映画「マリリンに逢いたい」(88年)で話題になった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事