日活から米映画界で成功…筑波久子さんは77歳に見えぬ色香

公開日: 更新日:

 日活出身でアメリカで映画プロデューサーとして大成功した元女優がいた。筑波久子さんだ(77)。評価が高いパニック映画「ピラニア」や「殺人魚フライングキラー」は筑波さんがプロデュースした。さて、今どうしているのか。

「11月14日に北茨城市の大津港にある漁業歴史資料館『よう・そろー』で東日本大震災と町おこしのチャリティーイベント『ホーリーローリングサンダーラリー』を開催するの。その準備で大忙しよ」

 筑波さん、こういって金色に染めた髪をかき上げた。膝上20センチ超の華やかなワンピース姿。77歳!? ウ~ン……。
 会ったのは北茨城市の五浦海岸に立つ五浦観光ホテル。彼女はこの名門ホテル創業者一族の“お嬢様”なのだ。

 五浦海岸といえば“日本近代美術の父”と呼ばれ、思想家でもあった岡倉天心が一時暮らし、天心を慕った横山大観、下村観山、木村武山ら明治から昭和にかけて活躍した画家がアトリエを構えたことでも知られる。五浦観光ホテルの別館大観荘は旧横山邸、本館には木村別邸がある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    事故現場の路上で開胸手術!心停止を救った医師に称賛の声

  2. 2

    自民が陥った参院選目前の“三重苦” 1人区に逆風で状況一変

  3. 3

    安倍首相は真っ青「年金返せデモ」でよぎる“12年前の大敗”

  4. 4

    全米爆笑!バスに乗り遅れ学校サボった男の子の“弁明書”

  5. 5

    安倍政権が露骨スリ寄り 吉本興業と“ズブズブ”三文芝居

  6. 6

    「ドトールのコーヒーはスタバよりも安い」は本当か?

  7. 7

    「集団左遷!!」福山雅治さんに心配してもらった大人の部活

  8. 8

    巨人・小林「銀さんに全部負け」直撃取材に“弱気発言”連発

  9. 9

    日本人も加担 瀬取りの元祖は日朝諜報機関の“接触”だった

  10. 10

    低迷する「いきなり!ステーキ」 V字回復への起死回生策は

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る