日活から米映画界で成功…筑波久子さんは77歳に見えぬ色香

公開日: 更新日:

 日活出身でアメリカで映画プロデューサーとして大成功した元女優がいた。筑波久子さんだ(77)。評価が高いパニック映画「ピラニア」や「殺人魚フライングキラー」は筑波さんがプロデュースした。さて、今どうしているのか。

「11月14日に北茨城市の大津港にある漁業歴史資料館『よう・そろー』で東日本大震災と町おこしのチャリティーイベント『ホーリーローリングサンダーラリー』を開催するの。その準備で大忙しよ」

 筑波さん、こういって金色に染めた髪をかき上げた。膝上20センチ超の華やかなワンピース姿。77歳!? ウ~ン……。
 会ったのは北茨城市の五浦海岸に立つ五浦観光ホテル。彼女はこの名門ホテル創業者一族の“お嬢様”なのだ。

 五浦海岸といえば“日本近代美術の父”と呼ばれ、思想家でもあった岡倉天心が一時暮らし、天心を慕った横山大観、下村観山、木村武山ら明治から昭和にかけて活躍した画家がアトリエを構えたことでも知られる。五浦観光ホテルの別館大観荘は旧横山邸、本館には木村別邸がある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹内結子さん急死 昵懇だった三浦春馬さんの死と自身の不調

  2. 2

    巨人のドラフトとFA補強にソフトBの壁 争奪戦ガチンコ必至

  3. 3

    山口達也逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  4. 4

    竹内結子さん急死の謎 家庭と仕事の両立に金銭的な重圧も

  5. 5

    収入すべてを使い切る生活 今の暮らしでは4年後に老後破綻

  6. 6

    竹内結子さんと三浦春馬さんに「共通項」…心理学者が分析

  7. 7

    巨人と阪神が熱視線 ドラ1候補近大・佐藤の気がかりなキズ

  8. 8

    原巨人がついに着手する“リストラ”作業 FA補強の影響は?

  9. 9

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  10. 10

    菅政権で内紛 総務相めぐる“嫌がらせ人事”に麻生氏激怒

もっと見る