元「キャンキャン」宇野美香子さん 再出発までの28年を語る

公開日:  更新日:

 小泉今日子、中森明菜らがデビューした82年は“花の”と形容詞がつくほど人気アイドルを輩出した。本日登場の宇野美香子さん(51)は同じ年に“ポスト・キャンディーズ”でデビューした「キャンキャン」のメンバー。当時は唐沢美香という芸名だった。今どうしているのか。

「2年前の12月、ソロシングル『いまでもアイドル/強い女…WOMAN』で芸名、宇野美香で再デビューしました。85年に寿引退して以来ですから、28年ぶりの歌手活動です。プロモーションビデオをYouTubeにアップしてます。ぜひご覧になって下さい」

 池袋のカフェで会った宇野さん、まずはこういった。さっそくスマホで検索してクリックすると彼女が軽やかなステップを踏みながら歌っている。いやいや、とてもアラフィフには見えない。

「実は6年前に主人を亡くし、前妻さんとの間で遺産分与をめぐる裁判が持ち上がっちゃいましてね。それが解決したので、新たな気持ちで人生に向かおうと、再デビューを決意しました。社会人になった2人の息子が、“CDデビューしたくてもできない歌手もいっぱいいるんだから、チャンスは逃しちゃダメ”と応援してくれたのにも背中を押された。ワタシのモットーは“TRY AGAIN”ですし」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    安倍首相は「年金資産」を北方領土とバーターする気だった

  3. 3

    大谷のア新人王を非難 東地区2球団の投手陣が右肘を狙う

  4. 4

    日産ゴーン逮捕の裏側と今後 衝撃はこれからが本番だ<上>

  5. 5

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  6. 6

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  7. 7

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  8. 8

    ソフトBが“相場破壊” 浅村に大魔神&松井超えの札束用意か

  9. 9

    大みそかToshlとYOSHIKI“バラ売り” 「X JAPAN」どうなる?

  10. 10

    大人も答えられない「正しいあいさつ」を小2に押しつけ

もっと見る