元「キャンキャン」宇野美香子さん 再出発までの28年を語る

公開日:  更新日:

 小泉今日子、中森明菜らがデビューした82年は“花の”と形容詞がつくほど人気アイドルを輩出した。本日登場の宇野美香子さん(51)は同じ年に“ポスト・キャンディーズ”でデビューした「キャンキャン」のメンバー。当時は唐沢美香という芸名だった。今どうしているのか。

「2年前の12月、ソロシングル『いまでもアイドル/強い女…WOMAN』で芸名、宇野美香で再デビューしました。85年に寿引退して以来ですから、28年ぶりの歌手活動です。プロモーションビデオをYouTubeにアップしてます。ぜひご覧になって下さい」

 池袋のカフェで会った宇野さん、まずはこういった。さっそくスマホで検索してクリックすると彼女が軽やかなステップを踏みながら歌っている。いやいや、とてもアラフィフには見えない。

「実は6年前に主人を亡くし、前妻さんとの間で遺産分与をめぐる裁判が持ち上がっちゃいましてね。それが解決したので、新たな気持ちで人生に向かおうと、再デビューを決意しました。社会人になった2人の息子が、“CDデビューしたくてもできない歌手もいっぱいいるんだから、チャンスは逃しちゃダメ”と応援してくれたのにも背中を押された。ワタシのモットーは“TRY AGAIN”ですし」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  2. 2

    次女コウキのデビュー遠因か…父・木村拓哉が漏らした本音

  3. 3

    進退かかる稀勢の里…初場所で引退発表の“デッドライン”

  4. 4

    3700km横断!脳腫瘍の少年に愛犬届けたトラック野郎に喝采

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    月船さららさん 宝塚1年目の罰ゲームでドンペリを一気飲み

  7. 7

    進退問題への発展必至 JOC竹田会長の“後任”に浮上する面々

  8. 8

    熊のぬいぐるみから 娘のXマスプレゼントに母が涙したワケ

  9. 9

    一世風靡セピアで活躍の春海四方さんが名脇役になるまで

  10. 10

    脚が悪い犬を手術…獣医が「ネズミの着ぐるみ姿」なワケ

もっと見る