日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

91歳で新連載 水木しげる氏の食欲が「妖怪並み」と話題

「ゲゲゲの鬼太郎」で知られる漫画家の水木しげる氏が91歳にして新連載をスタートする。自身の半生を描くビジュアルエッセイで、タイトルは「わたしの日々」。25日発売の青年漫画誌「ビッグコミック」(新年1号)にて連載を開始するという。

 ネット上では、「すごい」「元気だな」「100歳超えそう」と絶賛の嵐だが、水木氏についてもう一つ話題になっているのが、卒寿を過ぎたとは思えない、凄まじい“食欲”だ。

 つい先日も水木プロダクションの公式ツイッターで、水木氏が大盛り肉丼「すた丼」を豪快に食べる写真がアップされ、話題になったばかり。ツイッターではこれまでも、昼食をほお張る水木氏の姿や大福やアイスにかぶりつく様子がアップされ、まとめサイトなどでも「お茶目すぎてかわいい」と人気を博してきた。

 その食欲のすごさは、月刊誌「文藝春秋」(2013年12月号)に掲載された水木氏の「この人の月間日記」からも一目瞭然だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事