日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

上戸彩がCM女王に返り咲き 周到な結婚&妊娠が奏功か

 昔、CMは「トイレタイム」といわれ、CMの間に用足しをするなどしたものだった。今は「ドコモ」のような物語風も出現。見逃せないCMも増えてきているが、やはりCMの基本は起用する芸能人。かつて高倉健さんや三船敏郎さんといった大物役者を起用したビール界は相乗効果で売れまくった時代があったが、大物を使えばギャラは跳ね上がる。

 今、1本で1億円といわれているのは吉永小百合くらい。ギャラは抑えられて、商品イメージに合った芸能人の起用がCM界の常套手段だ。

「ニホンモニター社」から今年のCM起用社数ランキングが発表された。男性部門では「嵐」のメンバーが上位を独占したが、嵐人気を物語る当然の結果だろう。女性は上戸彩が5年ぶりに「13社」とトップに返り咲いた。ママタレになっても好感度は変わらなかったことを証明した。


 今年いきなりCMを9社にした吉田羊のように「人気が出た」結果として付いてくる場合もあるが、意識的に「取りに行く」やり方もある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事