• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

上戸彩がCM女王に返り咲き 周到な結婚&妊娠が奏功か

 昔、CMは「トイレタイム」といわれ、CMの間に用足しをするなどしたものだった。今は「ドコモ」のような物語風も出現。見逃せないCMも増えてきているが、やはりCMの基本は起用する芸能人。かつて高倉健さんや三船敏郎さんといった大物役者を起用したビール界は相乗効果で売れまくった時代があったが、大物を使えばギャラは跳ね上がる。

 今、1本で1億円といわれているのは吉永小百合くらい。ギャラは抑えられて、商品イメージに合った芸能人の起用がCM界の常套手段だ。

「ニホンモニター社」から今年のCM起用社数ランキングが発表された。男性部門では「嵐」のメンバーが上位を独占したが、嵐人気を物語る当然の結果だろう。女性は上戸彩が5年ぶりに「13社」とトップに返り咲いた。ママタレになっても好感度は変わらなかったことを証明した。


 今年いきなりCMを9社にした吉田羊のように「人気が出た」結果として付いてくる場合もあるが、意識的に「取りに行く」やり方もある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    崩れた圧勝皮算用 安倍3選という「終わりの始まり」<上>

  3. 3

    やはり妊娠?デキ婚でもビクともしない前田敦子の“規格外”

  4. 4

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  5. 5

    安倍3選で現実味を増す “日本版リーマン・ショック”の到来

  6. 6

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  7. 7

    シールで聴衆選別…「ヤメロ」コール徹底排除した安倍陣営

  8. 8

    美女とデート報道 田原俊彦は干されても腐らず再ブレーク

  9. 9

    恫喝して票集めるよりも 討論会用の替え玉を用意したら?

  10. 10

    「安倍3選」を市場は無視…日経平均5日続伸でも“カヤの外”

もっと見る