人気沸騰でCMオファー殺到 ラグビー五郎丸の“市場価値”

公開日:  更新日:

 すっかり時の人である。

 W杯イングランド大会で、史上初の1大会3勝の快挙を成し遂げたラグビー日本代表。その立役者となったのが、日本代表史上最高FBと称される五郎丸歩(29)だ。1次リーグで決めた13PGは大会ランク1位。58得点は同2位。2度のマン・オブ・ザ・マッチに選ばれるなど、世界が認める活躍ぶりだった。

 この日(13日)、日本代表が帰国。羽田空港には約500人のファンが詰めかけた。

 五郎丸は会見で「19歳で代表入りして結果を残すのに10年かかりましたが、ようやく日本や世界の皆さんと喜びを共有できました」と語り、プレースキックの際の独特のポーズについては「みなさん、まだ研究が足りないですね。指に注目してください。忍者のように両手の人さし指を立てるポーズが多いが、(立てる指は)3本、4本。2本だと違うポーズになってしまうので」と説明して報道陣を笑わせた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  5. 5

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  6. 6

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  7. 7

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

  8. 8

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

もっと見る