• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

人気沸騰でCMオファー殺到 ラグビー五郎丸の“市場価値”

 すっかり時の人である。

 W杯イングランド大会で、史上初の1大会3勝の快挙を成し遂げたラグビー日本代表。その立役者となったのが、日本代表史上最高FBと称される五郎丸歩(29)だ。1次リーグで決めた13PGは大会ランク1位。58得点は同2位。2度のマン・オブ・ザ・マッチに選ばれるなど、世界が認める活躍ぶりだった。

 この日(13日)、日本代表が帰国。羽田空港には約500人のファンが詰めかけた。

 五郎丸は会見で「19歳で代表入りして結果を残すのに10年かかりましたが、ようやく日本や世界の皆さんと喜びを共有できました」と語り、プレースキックの際の独特のポーズについては「みなさん、まだ研究が足りないですね。指に注目してください。忍者のように両手の人さし指を立てるポーズが多いが、(立てる指は)3本、4本。2本だと違うポーズになってしまうので」と説明して報道陣を笑わせた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    豪雨初動遅れも反省なし…安倍政権が強弁するウソと言い訳

  3. 3

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  4. 4

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

  5. 5

    検察は動くか アベトモ古屋議員に裏金疑惑が浮上 

  6. 6

    助っ人はベンチに 阪神・金本監督はロサリオが嫌いなのか

  7. 7

    “苦戦の戦犯”は金本監督 阪神の凡ミス多発は意識の低さ

  8. 8

    河野外相ツイートが炎上 切望した外遊の中身は“観光”同然

  9. 9

    ロッテは身売り否定も…ZOZO前澤氏が招く“球界再編”第2幕

  10. 10

    否定会見で墓穴 古屋圭司議員の“裏金”疑惑ますます深まる

もっと見る