恋愛ドラマ需要なし? 田中麗奈vs.深田恭子でも低レベル

公開日: 更新日:

 新ドラマが始まった今週、年齢の近い主演女優がぶつかった火曜夜10時の深田恭子(33)と田中麗奈(35)は、どちらが勝つか?

 女優の良しあしはドラマの中身(脚本)に左右されるが、この2つ、まったくの真逆だ。深田の「ダメな私に恋してください」(TBS系)は能天気なラブコメで、タイトルも中身もあまりに時代遅れ! 舞台は都会で、深田は「命懸けで恋をつかもうとしたら、本当に命を落としそうになってしまいましたぁ」と、年下男に貢いで貧乏になったバカ女を舌っ足らずに演じている。

 最初の方で「これ!」と男にプレゼントを渡している時、裏番組の「愛おしくて」(NHK)の田中は、地味な田舎にて母の墓参りで号泣中! こちらは愛人をつくった父に捨てられ、母は病死したという暗い設定だ。

 山の中にいる有松絞の師匠(秋吉久美子)に弟子入りするが、新居のアパートを訪ねてきた父に、「いまさら何よ! 帰ってよ!」と涙ながらの形相で物を投げつけたり、全体的にシリアスな演技が中心。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  2. 2

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  3. 3

    大阪W選は自民リード…松井一郎氏“落選危機”で維新真っ青

  4. 4

    不倫訴訟報道の後藤真希…ブログの私生活も虚像だったのか

  5. 5

    「めちゃイケ」終了1年…雛形あきこと鈴木紗理奈の現在地

  6. 6

    下方修正なのに…月例経済報告「緩やかに景気回復」の大嘘

  7. 7

    白髪イチローの衰えた姿に身震いするような色気を感じる

  8. 8

    “安倍1強”に早くも暗雲 参院選の「前哨戦」で自民敗北危機

  9. 9

    JOC後任会長の最有力 山下泰裕氏の評判と“先祖返り”懸念

  10. 10

    安倍政権がシッポ切り JOC竹田会長を待つ仏当局の本格捜査

もっと見る