“掛け持ち出演”で見る 1月ドラマ「真の勝ち組」俳優は?

公開日: 更新日:

 年末年始番組が一段落して、いよいよ今週末から1月ドラマが始まる。ちまたでは「『真田丸』の堺雅人か」「月9ドラマ『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』の有村架純か」などと1月ドラマの“勝ち組”を予想しているが、テレビマンたちはまったく違う角度から「真の覇者」を見据えている。「1月ドラマで引っ張りだこの俳優は誰か」だ。

吹越満や生瀬勝久など、いつのクールでも複数のドラマを掛け持ちしている俳優がいるものです。もちろん主役級はあり得ませんが、存在感のある脇役はどの局のプロデューサーもドラマを引き締める意味で欲しがるもの。そういう意味で、引っ張りだこの俳優こそ“真の覇者”といえるのです」(テレビ関係者)

 こうした観点から見てみると、小日向文世(61)と遠藤憲一(54)が勝ち組俳優ということができる。小日向はNHK大河の「真田丸」、テレビ朝日の「スミカスミレ」(金曜夜11時15分~)、前出の月9「いつか――」に出演。対する遠藤も「真田丸」のほか、NHKの「逃げる女」(土曜夜10時~)、フジテレビの「お義父さんと呼ばせて」(火曜夜10時~)に出演と、いずれも3本のドラマへの起用が決まっている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    近藤春菜の地上波激減に友近真っ青…大きすぎた反旗の代償

  2. 2

    巨人投壊の犯人は誰?桑田補佐「投げ込み奨励」が目の敵に

  3. 3

    大阪の“二の舞”か5.4万人入院できず…迫る最悪の医療崩壊

  4. 4

    大谷二刀流が意外な不人気の謎解き 報道とファンは対照的

  5. 5

    オリラジ藤森慎吾 “司会1時間1000万円”オファー断った嗅覚

  6. 6

    夏目三久“女子の本懐”と玉の輿 フリーアナ戦線から一抜け

  7. 7

    「リコカツ」永山瑛太の新機軸 守られたい女子急増の予感

  8. 8

    小池都知事が大誤算…「東京五輪中止」ブチ上げの効果消失

  9. 9

    菅野の故障で巨人が“腕まくり”引き留めに破格の40億円用意

  10. 10

    ポスト夏目三久は誰?引退で熾烈な“椅子取りゲーム”が勃発

もっと見る