日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

“掛け持ち出演”で見る 1月ドラマ「真の勝ち組」俳優は?

 年末年始番組が一段落して、いよいよ今週末から1月ドラマが始まる。ちまたでは「『真田丸』の堺雅人か」「月9ドラマ『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』の有村架純か」などと1月ドラマの“勝ち組”を予想しているが、テレビマンたちはまったく違う角度から「真の覇者」を見据えている。「1月ドラマで引っ張りだこの俳優は誰か」だ。

「吹越満や生瀬勝久など、いつのクールでも複数のドラマを掛け持ちしている俳優がいるものです。もちろん主役級はあり得ませんが、存在感のある脇役はどの局のプロデューサーもドラマを引き締める意味で欲しがるもの。そういう意味で、引っ張りだこの俳優こそ“真の覇者”といえるのです」(テレビ関係者)

 こうした観点から見てみると、小日向文世(61)と遠藤憲一(54)が勝ち組俳優ということができる。小日向はNHK大河の「真田丸」、テレビ朝日の「スミカスミレ」(金曜夜11時15分~)、前出の月9「いつか――」に出演。対する遠藤も「真田丸」のほか、NHKの「逃げる女」(土曜夜10時~)、フジテレビの「お義父さんと呼ばせて」(火曜夜10時~)に出演と、いずれも3本のドラマへの起用が決まっている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事