“五代ロス”狙いも期待外れ 深田恭子「ダメ恋」なぜ低発進

公開日: 更新日:

 人気女優深田恭子(33)主演のドラマ「ダメな私に恋してください」(TBS系、火曜22時~)がまさかの低発進だ。12日の初回視聴率は9.0%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)の1ケタ台に終わり、のっけから先行きが案じられる結果となってしまった。

 同作は“深キョンドラマ”のブランドだけでなく、相手役にディーン・フジオカ(35)を起用したことで放送前から話題を集めた。横文字だらけの芸名より、朝ドラファンには「五代さま」といった方がピンとくるかもしれない。ディーンは放送中のNHK朝ドラ「あさが来た」の元薩摩藩士・五代友厚役で大ブレークを果たした今をときめく色男である。朝ドラの出演は22日の放送回で最後になるため、今回の深キョンドラマは“五代ロス”が懸念される女性視聴者らの受け皿になり得ると期待されていたのだが……。

 コラムニストの桧山珠美氏は、「内容に数字は伴っていた」とこう続ける。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    メジャー野球もチクリと イチロー引退会見で露呈した本音

  2. 2

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  3. 3

    新元号の有力候補やはり「安」が? すでに皇太子に提示か

  4. 4

    作家・吉川潮氏が分析 イチロー引退会見で感じた“不快感”

  5. 5

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  6. 6

    北海道知事選で“客寄せ” 進次郎議員の露骨な「争点隠し」

  7. 7

    安倍首相「内定率は過去最高」はいいトコ取りの目くらまし

  8. 8

    広瀬すず「母性ダダ漏れ」と意欲…朝ドラ“初母親”への心配

  9. 9

    巨人“脆弱な救援陣”で開幕へ…昨季二の舞へ致命的とOB指摘

  10. 10

    V候補の星稜は…センバツ初戦「勝つ高校」と「散る高校」

もっと見る