ドラマ2本が高評価…二宮和也が“利き腕”で見せた芸達者

公開日: 更新日:

 大型スペシャルドラマが目白押しとなった年末年始。なかでも「嵐」の二宮和也(32)を主役に起用した2本――TBS系「赤めだか」(12月28日放送)と、フジテレビ系「坊っちゃん」(1月3日放送)はド派手な前宣伝もあって注目されたが、いい具合に期待を裏切る内容だった。

「2作とも良質で見応えのある青春ドラマでした」(コラムニストの桧山珠美氏)と識者も太鼓判を押すだけあって、思わず涙腺が緩む場面やセリフがたんまり。録画して見てないというオトーサンもオンタイムにこだわらず、時間のある時に楽しめる秀作に仕上がっていた。

■学生服が似合う32歳

「赤めだか」は落語家立川談春がつづった同名エッセーのドラマ化で、立川談志との師弟愛を二宮、ビートたけし(68)の共演で描いた。かたや「坊っちゃん」は夏目漱石没後100年の節目に選ばれた題材で、新米教師の坊っちゃんが愛媛・松山の旧制中学校で生徒や同僚教師らを相手に、生まれながらの正義感をもって“大暴れ”する痛快ストーリー。前出の桧山氏は「いずれも脚本が素晴らしかった。脇を固める演技派俳優たちも実に安定感があった」と前置きした上で、主演の二宮をこう評価する。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    3000億円「Go To 利権」にちらつくパソナと竹中平蔵氏の影

  2. 2

    小栗旬が竹内涼真に御立腹…「小栗会」のパシリにご指名か

  3. 3

    自粛解除で昭恵夫人ウズウズ 居酒屋UZU再開に官邸ヒヤヒヤ

  4. 4

    竹内涼真は東出級の反感も…コロナ禍に同棲女優追い出し報

  5. 5

    白井貴子さん モントリオール金から30年、難民支援を継続

  6. 6

    坂本と大城はどこで感染?巨人コロナ「微陽性」6つの疑問

  7. 7

    出会いから5年 ついに百恵&友和の決定的な写真が撮られた

  8. 8

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  9. 9

    小池都知事の次なる敵は…新宿・歌舞伎町“殲滅”の危うさ

  10. 10

    小池氏圧勝に赤信号 都知事選にイケメン対抗馬で無風一変

もっと見る