ドラマ2本が高評価…二宮和也が“利き腕”で見せた芸達者

公開日: 更新日:

 大型スペシャルドラマが目白押しとなった年末年始。なかでも「嵐」の二宮和也(32)を主役に起用した2本――TBS系「赤めだか」(12月28日放送)と、フジテレビ系「坊っちゃん」(1月3日放送)はド派手な前宣伝もあって注目されたが、いい具合に期待を裏切る内容だった。

「2作とも良質で見応えのある青春ドラマでした」(コラムニストの桧山珠美氏)と識者も太鼓判を押すだけあって、思わず涙腺が緩む場面やセリフがたんまり。録画して見てないというオトーサンもオンタイムにこだわらず、時間のある時に楽しめる秀作に仕上がっていた。

■学生服が似合う32歳

「赤めだか」は落語家立川談春がつづった同名エッセーのドラマ化で、立川談志との師弟愛を二宮、ビートたけし(68)の共演で描いた。かたや「坊っちゃん」は夏目漱石没後100年の節目に選ばれた題材で、新米教師の坊っちゃんが愛媛・松山の旧制中学校で生徒や同僚教師らを相手に、生まれながらの正義感をもって“大暴れ”する痛快ストーリー。前出の桧山氏は「いずれも脚本が素晴らしかった。脇を固める演技派俳優たちも実に安定感があった」と前置きした上で、主演の二宮をこう評価する。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    日ハム栗山監督にファンが退任勧告も…後任不在の痛し痒し

  2. 2

    森七菜「移籍騒動」の代償…勢い急失速で連ドラ出演ゼロに

  3. 3

    玉木宏だからハマッた?「桜の塔」2ケタ視聴率キープの謎

  4. 4

    小池知事 いよいよ「五輪撤収、責任回避モード」に突入か

  5. 5

    山下智久「ドラゴン桜」再出演を阻む“3つのアクシデント”

  6. 6

    パ混乱の“日ハムクラスター”…球団や栗山監督に不信感増幅

  7. 7

    “親分の孫”野球エリート元慶大生 給付金詐欺で逮捕後の今

  8. 8

    今からもらえる給付金・補助金 こんなに申請受け付け中!

  9. 9

    今ごろインドを変異株指定…呑気な水際強化が招く次の恐怖

  10. 10

    安倍晋三がなぜ?「菅首相が継続すべき」発言“真の狙い”

もっと見る