• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

15年ぶり“再デビュー” 歌手・木村佳乃の気になる歌唱力

「エッ、木村佳乃(39)って歌手だったの?」――25日のニュースを見た読者の大半はこう思ったに違いない。

 それによると、木村は3月に公開される映画「星ガ丘ワンダーランド」の主題歌「雪明り 星明り」をレコーディングしたそうだが、実はコレ、01年にアルバムをリリースして以来15年ぶりの歌声披露なのだという。木村がアルバムを出していたとは寡聞にして知らなかったが、本紙に「あのヒット曲を追っかけろ!」を連載している元DJでコラムニストの橋本テツヤ氏はこう言った。

「たしか彼女が22歳の頃じゃないかなぁ、ポニーキャニオンから『イルカの夏』とかいう曲でデビューしているはずです」

 調べてみると、まさにドンピシャリ。木村は98年6月、同タイトルの楽曲で歌手デビューしていた。橋本氏は当時、木村に会って話を聞いたこともあるという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    衝撃の発毛剤CM 草彅剛の“捨て身っぷり”が称賛されるワケ

  4. 4

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  5. 5

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  6. 6

    山根明氏が天覧試合で解説…写真の存在に文科省が戦々恐々

  7. 7

    石破氏の「公平な行政」パクリ…安倍首相の姑息な争点潰し

  8. 8

    憧れの安室も絶賛 イモトアヤコは「イエスマン」報われた

  9. 9

    フジは稲垣をドラマ起用 立ち位置に違いが出始めた元SMAP

  10. 10

    3年ぶり減益予想 企業業績の悪化がアベノミクスのトドメに

もっと見る