大健闘「さらば あぶ刑事」で菜々緒だけがさっぱりなワケ

公開日: 更新日:

 映画「さらば あぶない刑事」が好調な出だしを切った。先月30日に封切りされ、オープニング2日間の興行収入は2億9000万円超。これは05年公開の前作“まだまだ”の180%の数字であり、「最終興収は20億円近くも見込める健闘のスタートといえるでしょう」(映画ジャーナリストの大高宏雄氏)。

 86年に日本テレビ系の連ドラとして産声を上げた「あぶデカ」。刑事バディーもののパイオニアであり、舘ひろし(65)と柴田恭兵(64)を“男”にした人気シリーズだ。映画も翌87年公開の「あぶない刑事」を皮切りに7本製作されたが、テレビ版も劇場版も今作で打ち止め。ストーリーは5日後に定年退職を控えたタカ&ユージが凶悪な南米マフィアとの戦いに立ち向かい、ド派手なアクションをもって暴れ放題するというもので、監督も脚本もテレビ版同様の面々が手がけることもあり、往年のファンの期待を裏切らないという触れ込みだった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    埼玉県あっという間に医療崩壊の危機…小池氏再選の大迷惑

  2. 2

    嵐・相葉に流れ弾…渡部建“トイレ不倫”騒動でトバッチリ

  3. 3

    PCR検査=反日の原因分析 「おはよう日本」はNHKの希望だ

  4. 4

    綾瀬はるかと交際報道 韓国人俳優ノ・ミヌの気になる素性

  5. 5

    公明党の「小池離れ」と「自民優先」で都政は立ち往生必至

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    東京女子医大看護師 感染リスク覚悟で対応もボーナスゼロ

  8. 7

    “シースルー看護師”が懲戒処分撤回後にモデルに抜擢され…

  9. 8

    西村まさ彦が“乳がん離婚宣告”報道に「ハメられた」と困惑

  10. 9

    <1>戦略家の大統領補佐官が「暴露本」を書いた重大な意味

  11. 10

    大野智だけが難色か…嵐「24時間テレビ」不参加の肩すかし

もっと見る