• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

東映が「あぶない刑事」ファイナルで挑む“独り勝ち東宝の壁”

「興行が落ち気味ですが、必ずや復活してみせます!」――多田憲之社長(65)の気迫に満ちた挨拶が印象的であった。

 2日に行われた「2015年東映ラインナップ発表会」。昨年の興行収入が芳しくなかった同社とすれば、まあ、無理もない。

 国内映画配給会社“ご三家”の興収成績は長らく東宝の独り勝ち状態。東宝は2014年も歴代4位の720億円という驚異的な数字を叩き出し、松竹も前年比141%の138億円をマーク。この2社が健闘する中で、東映は前年比約3割減の116億円に終わった。映画界全体が106%と上向いた結果を鑑みると、惨敗といっていいだろう。

■お家芸のアクションで勝負

 勝負は今年である。東映は「1000%娯楽度」のキャッチコピーを掲げ、多彩なラインナップで打って出る。中でも目玉は、80年代後半に一世を風靡した「あぶない刑事」の復活作「さらば あぶない刑事―long good―bye―」。舘ひろし(64)と柴田恭兵(63)演じるタカ&ユージのグラサンバディによる刑事ドラマの復活だ。12年夏に発売したドラマ全話と映画のメーキング映像を収録したDVDマガジンが、累計120万部とバカ売れしたのがきっかけだという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    正反対キャラを演じきる 佐藤健“視聴率40%男”の存在感

  2. 2

    焼肉通いは序章…星野源が狙われる新垣結衣との要塞デート

  3. 3

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  4. 4

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  5. 5

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  6. 6

    二宮和也はジャニーズの“条件”拒み…伊藤綾子と来年結婚か

  7. 7

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  8. 8

    安倍自民がブチあげ「省庁再々編」は国民ダマしの常套手段

  9. 9

    安倍首相が総裁選で獲得 地方票「55%」の怪しいカラクリ

  10. 10

    吉澤ひとみの逮捕で…「元モー娘。」相次ぐ謝罪の違和感

もっと見る