• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

激ヤセ姿でTV共演 永六輔&大橋巨泉に業界から称賛の嵐

 4日放送の「徹子の部屋」(テレビ朝日系)にそろって登場した永六輔(82)と大橋巨泉(81)に「よく出た」「リッパ」と称賛の声が上がっている。黒柳徹子(82)自身が「最高の出来上がりではないのに」と言った通り、巨泉は頬がゲッソリ、永も6年前にかかったパーキンソン病の影響からか、口は開けっ放しだったのに、見かけとは裏腹、話し言葉はシッカリしていたからだ。

 巨泉は激ヤセしたとはいえ、声のトーンは昔のままで「10年前に80キロあった体重が現在は50キロ」「弟からは(番組出演について)『痩せさらばえた顔を見せるのはどうかと思う』と言われたけど、隠れてるわけじゃないし、徹子さんとの約束だから」と話した。

 一方の永も、かつて黒柳に頼まれてモスクワの動物園にいるパンダのアンアンを探しに行ったことに触れ、「寒い中を探し回ったんだよ。やっぱりチャック(黒柳の愛称)に惚れてたんだな」と冗談を飛ばしたり、巨泉についても「46年前、ラジオで巨泉に会ったときはビックリした。その後、テレビに行っちゃったけど、またラジオに戻って来て、今、巨泉はラジオで凄いんだよ」などと語って盟友にエールを送った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    県警・消防は380人動員 なぜ理稀ちゃんを発見できなかった

  2. 2

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  3. 3

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  4. 4

    まるで大使館…剛力彩芽&前澤社長の“100億円豪邸”を発見

  5. 5

    総裁選で論戦拒否…安倍首相が打って出た「逃げ恥」作戦

  6. 6

    ドラ1候補社会人も“直メジャー”…日本球界はなぜ嫌われる

  7. 7

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  8. 8

    巨人・重信の台頭で…“FAの目玉”広島・丸の獲得に影響も

  9. 9

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  10. 10

    恋愛に厳しいはずが…剛力彩芽を“黙認”するオスカーの打算

もっと見る