黒柳徹子「車いす報道」否定も…NHKと周囲はヒヤヒヤ?

公開日:  更新日:

 10日発売の女性セブンが大晦日の「NHK紅白歌合戦」で総合司会を務める黒柳徹子(82)の体調を危ぶむ記事を掲載している。

 その内容は〈紅白は大丈夫!? 黒柳徹子衝撃の車椅子生活 極秘通院〉といった見出しとともに渋谷にあるNHK放送センターの玄関前で車椅子で移動する本人の写真が載っており、かねて噂されている健康不安説を裏付けるような内容だ。

 ところが、9日に開かれた「平成27年度ゆうもあ大賞」表彰式に出席した黒柳本人は、スタッフの助けを借りながらも自分の足で一歩ずつ、慎重かつ元気に歩いて登壇。有無を言わせぬ冗舌ぶりで、車椅子生活&通院報道をこう一蹴したのだった。

「週刊誌にね、ワタクシが車椅子に乗っているってあったようですけども、“車椅子に乗ってなかった。元気で歩いてました”って書いておいてくださいね。もう少ししたら車椅子での移動も考えていますが、いまは乗ってません。病院も風邪の注射を打ちに行って、それが夜だったものだから、そのまま寝ちゃって次の日はそこから仕事へ行ったということだったと思うんですが、ご心配なさらずにね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    5億円の攻防へ 阪神「台湾の三冠王」王柏融獲得は苦戦必至

  2. 2

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  3. 3

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  4. 4

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  5. 5

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  6. 6

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  7. 7

    自粛期間終了? NEWS手越祐也が“六本木に再び出没”情報

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    中田翔は3年10億円 破格契約の裏に日ハムの“イメージ戦略”

  10. 10

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

もっと見る