• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

病と闘いながらヒット連発 脚本家・北川悦吏子の波乱の半生

「AERA」誌上で、15年以上にわたって苦しんでいた難病の病名を初めて告白した北川悦吏子(53)。10万人に1人ともいわれる「炎症性腸疾患」で、大腸などの粘膜に慢性の炎症や潰瘍が起こる原因不明の病気。かつて安倍首相が辞任する原因となったほどの重病だ。

 病名は伏せたまま「痛くて痛くて、吐いたり、叫んでしまうくらい痛い」「『こんなに痛いのは嫌だ。もう死にたい!』と思い、人に向かってもそう言いました」と語っていたこともある。何度も入退院を繰り返し、その間にも脚本や映画監督の仕事をしながら、あらゆる治療法を試したが治癒には至らず、10年に大腸全摘の手術をして、やっと症状が落ち着いたという。

 ところがその後、今度は「聴神経腫瘍」という、これも10万人に1人という難病に侵され、左耳が完全失聴してしまっているという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  2. 2

    県警・消防は380人動員 なぜ理稀ちゃんを発見できなかった

  3. 3

    まるで大使館…剛力彩芽&前澤社長の“100億円豪邸”を発見

  4. 4

    総裁選で論戦拒否…安倍首相が打って出た「逃げ恥」作戦

  5. 5

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  6. 6

    恋愛に厳しいはずが…剛力彩芽を“黙認”するオスカーの打算

  7. 7

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  8. 8

    カネと欲望がうごめく甲子園 ネット裏“怪情報”<下>

  9. 9

    剛力彩芽へ助言…私生活をSNSにアップする女優は伸びない

  10. 10

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

もっと見る