病と闘いながらヒット連発 脚本家・北川悦吏子の波乱の半生

公開日:  更新日:

「AERA」誌上で、15年以上にわたって苦しんでいた難病の病名を初めて告白した北川悦吏子(53)。10万人に1人ともいわれる「炎症性腸疾患」で、大腸などの粘膜に慢性の炎症や潰瘍が起こる原因不明の病気。かつて安倍首相が辞任する原因となったほどの重病だ。

 病名は伏せたまま「痛くて痛くて、吐いたり、叫んでしまうくらい痛い」「『こんなに痛いのは嫌だ。もう死にたい!』と思い、人に向かってもそう言いました」と語っていたこともある。何度も入退院を繰り返し、その間にも脚本や映画監督の仕事をしながら、あらゆる治療法を試したが治癒には至らず、10年に大腸全摘の手術をして、やっと症状が落ち着いたという。

 ところがその後、今度は「聴神経腫瘍」という、これも10万人に1人という難病に侵され、左耳が完全失聴してしまっているという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    CS進出の可能性も…DeNAラミレス監督“オリックス就活”情報

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  8. 8

    明々白々…アベシンゾー氏の夢は「大日本帝国をもう一度」

  9. 9

    消費税撤廃に続き…有言実行のマレーシア首相が反原発宣言

  10. 10

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

もっと見る