• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

病と闘いながらヒット連発 脚本家・北川悦吏子の波乱の半生

「AERA」誌上で、15年以上にわたって苦しんでいた難病の病名を初めて告白した北川悦吏子(53)。10万人に1人ともいわれる「炎症性腸疾患」で、大腸などの粘膜に慢性の炎症や潰瘍が起こる原因不明の病気。かつて安倍首相が辞任する原因となったほどの重病だ。

 病名は伏せたまま「痛くて痛くて、吐いたり、叫んでしまうくらい痛い」「『こんなに痛いのは嫌だ。もう死にたい!』と思い、人に向かってもそう言いました」と語っていたこともある。何度も入退院を繰り返し、その間にも脚本や映画監督の仕事をしながら、あらゆる治療法を試したが治癒には至らず、10年に大腸全摘の手術をして、やっと症状が落ち着いたという。

 ところがその後、今度は「聴神経腫瘍」という、これも10万人に1人という難病に侵され、左耳が完全失聴してしまっているという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    学長会見は“ガキの使い” 日大理事長が絶対表に出ない理由

  2. 2

    元財務省・田中秀明氏 官僚の「政治化」が生んだ忖度体質

  3. 3

    ブームが去って「残念!」…ギター侍・波田陽区さんは今

  4. 4

    石原さとみに未練か “決断できない男”山下智久に心配の声

  5. 5

    天敵の籠池氏保釈で“劇場”再燃 高まる「6.20会期末解散」

  6. 6

    田中圭「おっさんずラブ」 女性ファン狂喜乱舞の“肉体美”

  7. 7

    テレ朝の刑事ドラマを追撃 “ダークな二宮和也”の心意気

  8. 8

    なぜ打ち切った? “上から目線”の日大広報・米倉氏を直撃

  9. 9

    「除名にしろ」の声も 日大アメフト部を待つ予想外の厳罰

  10. 10

    TVから消え10年超…小橋賢児さんイベント仕掛人になるまで

もっと見る