9月で長寿番組終了も心配無用 82歳・永六輔「健康の秘訣」

公開日:  更新日:

 一報が流れた直後は「いよいよ……」なんて噂も流れたが、どうやら、そういうことではないらしい。先日、終了が発表された「土曜ワイドラジオTOKYO」(TBSラジオ)で24年半パーソナリティーを担当してきた永六輔(82)のことだ。「土曜ワイド」の最終回は9月26日だが、9月28日からは新番組をレギュラーで担当するというから、健康面の不安はなさそうだ。

「10年に発症したパーキンソン病の影響で体調の波はあるようですが、本人はいたって元気です。毎週のラジオ放送のほか、新聞の連載コラムも持っていて、暇を見つけては地方のトークショーも難なくこなしています」(マスコミ関係者)

 健康の秘訣は何なのか。2週間に一度のハリ治療以外は特にこれといったことはしてないそうだが、ある知人はこう言った。

「やはりリスナーの反応が一番のようです。『一家3代で聴いてます』なんて書いてある手紙は喜々として読んでいるし、タクシーの運転手さんに『聴いてますよ』なんて声をかけられると子供のように喜んでます」

 一方で、かつてはこんな発言もしている。

「死ぬことについて心配することはありませんよ。ちゃーんと死にますから安心しなさい」

“大往生”はまだまだ先のようだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  2. 2

    自画自賛が一転…“イッテQ疑惑”対応を誤った日テレの痛恨

  3. 3

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  4. 4

    呆れた安倍内閣 「徳」なし総理の下「徳」なし大臣集まる

  5. 5

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

  6. 6

    日ハム吉田輝星の原点 「投球フォーム」に託した父の願い

  7. 7

    玉城デニー沖縄知事の訪米に官邸・外務省が“横ヤリ”疑惑

  8. 8

    「イッテQ」疑惑で日テレ冬の時代へ…構造的問題の指摘も

  9. 9

    渋谷、浅草、築地…メジャーリーガーは昼間の観光に大忙し

  10. 10

    遠藤憲一はなぜ“Vシネ横綱”竹内力&哀川翔を凌駕できた?

もっと見る