• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

今度はナルさま人気 瀬戸康史は“五代さま”を超えられるか

 いやぁ、次から次に出てくるわ。発売中の「女性自身」が「ナルさまから目が離せない」という特集を組んでいた。

「ナルさまって誰?」と思ったら、NHK朝ドラ「あさが来た」で成澤泉という教育者を演じている瀬戸康史(27)のことだという。同番組からは今さら説明するまでもない「五代さま」をはじめ「新次郎さま(玉木宏)」「栄三郎さま(新次郎の弟役を演じる桐山照史)」などが“フィーチャー”されてきた。そこへ今度は「ナルさま」だと。瀬戸康史は果たしてディーン・フジオカ(35)になれるのか。

 経歴は対照的だ。日本生まれのディーンは海外を渡り歩き、日本に戻ってきた逆輸入俳優なのに対して、瀬戸は05年から芸能活動を始めていて、大河ドラマ「江」や「花燃ゆ」にも出ていた。「あさが来た」で新鮮味を感じるのは、これまで目立たなかったことの証明でもある。ここからさらにブレークする可能性はあるのか。イケメン評論家の沖直実さんはこういう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

  3. 3

    豪雨初動遅れも反省なし…安倍政権が強弁するウソと言い訳

  4. 4

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  5. 5

    否定会見で墓穴 古屋圭司議員の“裏金”疑惑ますます深まる

  6. 6

    検察は動くか アベトモ古屋議員に裏金疑惑が浮上 

  7. 7

    “苦戦の戦犯”は金本監督 阪神の凡ミス多発は意識の低さ

  8. 8

    助っ人はベンチに 阪神・金本監督はロサリオが嫌いなのか

  9. 9

    9月の過密日程より心配 阪神が抱える“ロサリオ・大山問題”

  10. 10

    河野外相ツイートが炎上 切望した外遊の中身は“観光”同然

もっと見る