• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

今度はナルさま人気 瀬戸康史は“五代さま”を超えられるか

 いやぁ、次から次に出てくるわ。発売中の「女性自身」が「ナルさまから目が離せない」という特集を組んでいた。

「ナルさまって誰?」と思ったら、NHK朝ドラ「あさが来た」で成澤泉という教育者を演じている瀬戸康史(27)のことだという。同番組からは今さら説明するまでもない「五代さま」をはじめ「新次郎さま(玉木宏)」「栄三郎さま(新次郎の弟役を演じる桐山照史)」などが“フィーチャー”されてきた。そこへ今度は「ナルさま」だと。瀬戸康史は果たしてディーン・フジオカ(35)になれるのか。

 経歴は対照的だ。日本生まれのディーンは海外を渡り歩き、日本に戻ってきた逆輸入俳優なのに対して、瀬戸は05年から芸能活動を始めていて、大河ドラマ「江」や「花燃ゆ」にも出ていた。「あさが来た」で新鮮味を感じるのは、これまで目立たなかったことの証明でもある。ここからさらにブレークする可能性はあるのか。イケメン評論家の沖直実さんはこういう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    投票の“証拠写メ”強制…沖縄知事選で自公が異常な締めつけ

  3. 3

    浮沈はサーシャに…大坂なおみ“女王君臨”への落とし穴

  4. 4

    杉田水脈議員“擁護論”の怪 「論として成立」していない

  5. 5

    テニス協会が大坂なおみへ 全米V報奨金800万円は妥当か

  6. 6

    貿易戦争 中国の切り札「米国債売却」で日本にシワ寄せ

  7. 7

    大坂なおみに完敗 女王セリーナが全米決勝で逆上した真相

  8. 8

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  9. 9

    もう不毛な忖度は不要に プロOBの野球評論に新たな道が

  10. 10

    強がっても負け惜しみ 安倍政権レームダック化の急加速

もっと見る