深キョンより露出 D・フジオカ頼みの「ダメ恋」PR作戦

公開日: 更新日:

 NHK朝の連続テレビ小説「あさが来た」で人気に火がつき、あっという間にブレークしたディーン・フジオカ(35)。あまりの人気で、NHKは異例の措置を取る。なんと、病死したフジオカを再登場させることにしてしまったのだ。

 そんなブレーク効果が、現在出演中の深田恭子(33)主演ドラマ「ダメな私に恋してください」(フジテレビ系)でも表れた。初回放送直前には深田推しで万全の番宣を重ね、満を持して臨んだが、初回視聴率が9.0%(ビデオリサーチ調べ、関東地区。以下同)と期待外れ。以降も第5話まで、一度も2ケタに満たない低空飛行だった。ところが、フジオカ人気が急上昇している余勢を駆って、フジオカ中心の番宣を展開。特にすごかったのが1月29日。なんと、主演の深田を差し置いて、フジオカを「ぴったんこカン・カン」「中居正広の金曜日のスマたちへ」に連続出演させて大PR作戦を展開した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    秋篠宮家の眞子さまは一時金1億5000万円では生活できない

  2. 2

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  3. 3

    「ボス恋」上白石萌音“高視聴率ヒロイン”定着に必要なこと

  4. 4

    「トゥナイト」で人気の高尾晶子さんはボートレースの顔に

  5. 5

    首都圏“宣言”解除に暗雲 都が積極的調査で陽性掘り起こし

  6. 6

    「ボス恋」成功は上白石萌音の魅力を最大限に生かしたこと

  7. 7

    小室圭さん結婚強行で「税金ドロボー」の声に逆転の秘策

  8. 8

    秋篠宮家を守る官僚や取り巻きの危機管理はマヒ状態

  9. 9

    身内調査は笑止千万 菅長男“ハレンチ接待”裏側と今後<上>

  10. 10

    桑田補佐と菅野がベッタリ 絶対エースの傾倒に周囲は不安

もっと見る