• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

深キョンより露出 D・フジオカ頼みの「ダメ恋」PR作戦

 NHK朝の連続テレビ小説「あさが来た」で人気に火がつき、あっという間にブレークしたディーン・フジオカ(35)。あまりの人気で、NHKは異例の措置を取る。なんと、病死したフジオカを再登場させることにしてしまったのだ。

 そんなブレーク効果が、現在出演中の深田恭子(33)主演ドラマ「ダメな私に恋してください」(フジテレビ系)でも表れた。初回放送直前には深田推しで万全の番宣を重ね、満を持して臨んだが、初回視聴率が9.0%(ビデオリサーチ調べ、関東地区。以下同)と期待外れ。以降も第5話まで、一度も2ケタに満たない低空飛行だった。ところが、フジオカ人気が急上昇している余勢を駆って、フジオカ中心の番宣を展開。特にすごかったのが1月29日。なんと、主演の深田を差し置いて、フジオカを「ぴったんこカン・カン」「中居正広の金曜日のスマたちへ」に連続出演させて大PR作戦を展開した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  3. 3

    BTSとのコラボ中止に賛否 顔に泥塗られた秋元康“次の一手”

  4. 4

    屈辱の本拠地負け越し…巨人が東京ドーム嫌いになったワケ

  5. 5

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  6. 6

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  7. 7

    G由伸監督初の会見拒否から一夜…手負いの岡本と心中決断

  8. 8

    アマ競技で多発する不祥事 機能不全のJOCに解決できるのか

  9. 9

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  10. 10

    K-POPガールズ空前のブーム レコード会社熾烈争奪戦の行方

もっと見る