深キョンより露出 D・フジオカ頼みの「ダメ恋」PR作戦

公開日:  更新日:

 NHK朝の連続テレビ小説「あさが来た」で人気に火がつき、あっという間にブレークしたディーン・フジオカ(35)。あまりの人気で、NHKは異例の措置を取る。なんと、病死したフジオカを再登場させることにしてしまったのだ。

 そんなブレーク効果が、現在出演中の深田恭子(33)主演ドラマ「ダメな私に恋してください」(フジテレビ系)でも表れた。初回放送直前には深田推しで万全の番宣を重ね、満を持して臨んだが、初回視聴率が9.0%(ビデオリサーチ調べ、関東地区。以下同)と期待外れ。以降も第5話まで、一度も2ケタに満たない低空飛行だった。ところが、フジオカ人気が急上昇している余勢を駆って、フジオカ中心の番宣を展開。特にすごかったのが1月29日。なんと、主演の深田を差し置いて、フジオカを「ぴったんこカン・カン」「中居正広の金曜日のスマたちへ」に連続出演させて大PR作戦を展開した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  3. 3

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

  4. 4

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  5. 5

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  6. 6

    たけし軍団で活躍 宮崎に移住した大森うたえもんさんは今

  7. 7

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  8. 8

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

  9. 9

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  10. 10

    ホクロ除去した宮沢りえ 本当の目的は森田剛との“妊活”か

もっと見る