• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

“変人”を好演 小泉孝太郎に「2時間ドラマ新帝王」の呼び声

 昨年大ヒットしたドラマ「下町ロケット」で憎まれ役を好演し、これまでのイメージを一変させた小泉孝太郎(37)。今期は「警視庁ゼロ係」(テレビ東京系)に主演して、空気が読めない「変人」刑事を熱演している。初回視聴率は7.0%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)とまずまずだったが、裏番組の「ミュージックステーション」にベッキーとの不倫騒動で話題のゲスの極み乙女。が出演したことを考えれば大健闘といえる。

「これまで“首相の息子”で育ちの良いお坊ちゃまというイメージが強く、それが俳優としての幅を狭めていた。ところが『下町ロケット』で自分の殻を破って悪役を好演したことで、もっと幅広い役が演じられるのではないかと期待値が広がっている。オファーが殺到している中、テレビ東京が射止めたのは、14年の『新・刑事吉永誠一』で船越英一郎の相手役に抜擢された時に非常に評判が良く、スタッフの『ぜひ小泉でシリーズ物を作りたい』という声が大きかったからだといいます。その頃から良い関係が作れていたのでしょう」(テレビ関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    投票の“証拠写メ”強制…沖縄知事選で自公が異常な締めつけ

  3. 3

    浮沈はサーシャに…大坂なおみ“女王君臨”への落とし穴

  4. 4

    杉田水脈議員“擁護論”の怪 「論として成立」していない

  5. 5

    テニス協会が大坂なおみへ 全米V報奨金800万円は妥当か

  6. 6

    貿易戦争 中国の切り札「米国債売却」で日本にシワ寄せ

  7. 7

    大坂なおみに完敗 女王セリーナが全米決勝で逆上した真相

  8. 8

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  9. 9

    もう不毛な忖度は不要に プロOBの野球評論に新たな道が

  10. 10

    強がっても負け惜しみ 安倍政権レームダック化の急加速

もっと見る