日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

愛娘も連絡取れず…松方弘樹「音信不通」に飛び交う憶測

「病気以外にも、何かあるんじゃないのか」などと囁かれているのが、俳優の松方弘樹(73)。脳リンパ腫のため、都内の総合病院に入院中の松方は、週明け7日から投薬治療に励むというから、面会謝絶にしているのかもしれない。

 だが、学生時代から親交のある里見浩太朗(79)が「毎日電話しても出ないんですよね。ちょっと心配」とマスコミの取材に打ち明けたことで、さまざまな臆測が流れることに。

「取材や仕事仲間のみならず、愛娘の仁美さんが連絡しても、梨のつぶてだというのです。仁美さんとも克基さんとも、松方は絶縁状態にあり、連絡を取りたくても取れない日々が10年以上、続いている。松方が自分たちの母親の仁科亜季子さんを捨てて、愛人の山本万里子さんのもとに走ったことが最大の要因ですが、そんな亀裂を乗り越えて、仁美さんが連絡したとすれば、それだけ松方の病状が深刻ということかもしれない。仁美さんは昨年6月、第1子となる長男を出産しています。病状が深刻ならなおさら、娘がママになった姿はもちろん、孫の顔を見たくないはずがない。誰とも連絡を取りたくない、いや取れない理由があるのかもしれない」と、ある芸能関係者は言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事