• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

仁科仁美の新恋人「年商150億円」バツ2社長の素性と評判

「いいお付き合いをさせていただいていますという感じです」

 22日、「サンデー・ジャポン」(TBS系)でそう語ったのは仁科仁美(29)。発売中の「女性セブン」が報じた、年商150億円の飲食チェーン社長との手つなぎデートを受けてのものだ。同番組のスタッフからの電話取材で交際の事実を認めると、「本当に仕事に対してもすごく真面目ですし、すごく尊敬しています」とコメント。結婚については「その際はちゃんとご報告させていただきます」とうれしそうに話していた。

■「塚田農場」など全国180店舗を展開

 仁科が射止めた「年商150億円社長」の正体は、「塚田農場」など全国180店舗を展開する「株式会社エー・ピーカンパニー」の社長・米山久氏(43)。2人は共通の友人を通じて交際がスタート。米山社長は独身なだけに、ゴールインも夢物語ではない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事