二田一比古
著者のコラム一覧
二田一比古ジャーナリスト

しこり残るSMAP騒動 メンバーの“苦悩と違和感”いつまで続く

公開日:  更新日:

 テレビ公開謝罪会見から間もなく2カ月が経つSMAP。その後の動向はあまり聞こえてこないが、会見を行った5人の冠番組「スマスマ」(フジ系)は、皮肉なことに視聴率が落ちていると伝えられていた。

「画面からもメンバー間のギクシャク感が出ている」という理由もそのひとつ。嵐の仲の良さとは確かに対照的に映る。番組打ち切り説も囁かれていたが、フジは4月以降の「継続」を発表。とりあえず安泰となったが、9月の事務所とメンバーの契約更改が終わるまでは、グループとしての活動は予断を許さないとの見方も依然とある。

 SMAPはジャニーズ事務所の中でも「別会社」と呼ばれ、他のグループとの交流も少なく、メンバー同士もさほど仲良くなかったと聞く。そこに「独立・解散」騒動が勃発。独立に向かい動きだした中居正広ら4人と、残留意向の木村拓哉の対立構図が生まれた。局を揺るがすような騒ぎとなり、中居らが事務所幹部らに謝罪して元のさやに収まった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  2. 2

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  3. 3

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  4. 4

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  5. 5

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

  6. 6

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  7. 7

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  8. 8

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  9. 9

    FA炭谷加入で…G小林“正捕手剥奪”で年俸6000万円飼い殺し

  10. 10

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

もっと見る