SMAPはパラリンピック応援団…あと4年“飼い殺し”説も

公開日: 更新日:

 18日の「生謝罪」から1週間。21日に収録された「SMAP×SMAP」(フジテレビ系)が25日に放送され、“いつも通り5人”の景色がテレビに映された。話題はすっかり沈静化し、リーダーの中居正広(43)は「金曜日のスマたちへ」(TBS系)の収録で自分自身と、不倫の渦中にあるベッキー(31)をネタにして周囲を凍りつかせたというからたくましい。

 今回の騒動に巻き込まれた企業や人間は数えきれない。SMAPが応援サポーターを務めるパラリンピックもそのひとつだ。SMAPはパラリンピックをバックアップする日本財団と正式に契約を交わしたわけではなく、いわばボランティアのような形で協力していたというが、昨年11月に開かれたパラ競技団体共同オフィスのオープン発表会では香取慎吾(38)が60時間かけて描いた巨大壁画を寄贈。東京・駒沢公園で開催されたパラ駅伝には異例の1万5000人という観衆がSMAP見たさに詰めかけた。それが寝耳に水の解散騒動である。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  2. 2

    火野正平の“人徳” 不倫取材なのに周りから笑みがこぼれる

  3. 3

    急なトイレのピンチ…少女を救った大学生2人に拍手喝采!

  4. 4

    西村まさ彦“円満離婚”は大ウソ…乳がん患う妻に強要の冷酷

  5. 5

    星野源「MIU404」での変幻自在 “平匡さん”から演技ガラリ

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    泉佐野市“ふるさと納税バトル”逆転勝訴 安倍強権が赤っ恥

  8. 7

    山田哲に大瀬良まで…巨人が狙う“総額60億円”FA補強プラン

  9. 8

    異臭の次は房総半島の揺れ…首都直下地震“接近”の状況証拠

  10. 9

    小池都知事の“コロナ独裁”で東京発の第2波が全国拡散危機

  11. 10

    カギは山本太郎票 IOCが気がかりな東京都知事選の「数字」

もっと見る