SMAPはパラリンピック応援団…あと4年“飼い殺し”説も

公開日: 更新日:

 18日の「生謝罪」から1週間。21日に収録された「SMAP×SMAP」(フジテレビ系)が25日に放送され、“いつも通り5人”の景色がテレビに映された。話題はすっかり沈静化し、リーダーの中居正広(43)は「金曜日のスマたちへ」(TBS系)の収録で自分自身と、不倫の渦中にあるベッキー(31)をネタにして周囲を凍りつかせたというからたくましい。

 今回の騒動に巻き込まれた企業や人間は数えきれない。SMAPが応援サポーターを務めるパラリンピックもそのひとつだ。SMAPはパラリンピックをバックアップする日本財団と正式に契約を交わしたわけではなく、いわばボランティアのような形で協力していたというが、昨年11月に開かれたパラ競技団体共同オフィスのオープン発表会では香取慎吾(38)が60時間かけて描いた巨大壁画を寄贈。東京・駒沢公園で開催されたパラ駅伝には異例の1万5000人という観衆がSMAP見たさに詰めかけた。それが寝耳に水の解散騒動である。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “安倍1強”に早くも暗雲 参院選の「前哨戦」で自民敗北危機

  2. 2

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  3. 3

    エリカ様は張り込み班に「なに撮ってんだよばかやろう!」

  4. 4

    伝説の麻薬Gメンが指摘 ピエール瀧コカイン常習の“証拠”

  5. 5

    不倫訴訟報道の後藤真希…ブログの私生活も虚像だったのか

  6. 6

    世界1位奪取にルノー日産が画策?自動車業界大再編の予兆

  7. 7

    現実から目を背けるために過去を「いじくり廻してゐる」

  8. 8

    記者に華奢な手を差し出し…葉月里緒奈に感じた“魔性の女”

  9. 9

    京都に“愛の新居”報道…それでも鈴木京香が結婚しない理由

  10. 10

    ロシア紙さえも“詭弁”と評したプーチン大統領の特異解釈

もっと見る