• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

SMAPはパラリンピック応援団…あと4年“飼い殺し”説も

 18日の「生謝罪」から1週間。21日に収録された「SMAP×SMAP」(フジテレビ系)が25日に放送され、“いつも通り5人”の景色がテレビに映された。話題はすっかり沈静化し、リーダーの中居正広(43)は「金曜日のスマたちへ」(TBS系)の収録で自分自身と、不倫の渦中にあるベッキー(31)をネタにして周囲を凍りつかせたというからたくましい。

 今回の騒動に巻き込まれた企業や人間は数えきれない。SMAPが応援サポーターを務めるパラリンピックもそのひとつだ。SMAPはパラリンピックをバックアップする日本財団と正式に契約を交わしたわけではなく、いわばボランティアのような形で協力していたというが、昨年11月に開かれたパラ競技団体共同オフィスのオープン発表会では香取慎吾(38)が60時間かけて描いた巨大壁画を寄贈。東京・駒沢公園で開催されたパラ駅伝には異例の1万5000人という観衆がSMAP見たさに詰めかけた。それが寝耳に水の解散騒動である。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    徳永有美アナが古巣に復帰 「報ステ」現場は大ブーイング

  3. 3

    元SMAP3人は自由を謳歌 シャッフルして新たな仕事が急増中

  4. 4

    小川アナの左腕が物語る…嵐・櫻井翔“新恋人報道”の違和感

  5. 5

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

  6. 6

    流した浮名は数知れず 前田敦子&勝地涼“電撃婚”の舞台裏

  7. 7

    日本人拘束は進展ナシ…「安倍3選」を阻む北朝鮮の仕掛け

  8. 8

    太田光“裏口”報道は法廷へ 光代社長「橋下先生に委任状」

  9. 9

    カネと欲望がうごめく甲子園 ネット裏“怪情報”<番外編>

  10. 10

    巨悪に甘い日本の大メディア 米新聞トランプ一斉批判で露呈

もっと見る