佐村河内氏の“単独インタビュー”公開で新垣隆氏どうなる?

公開日: 更新日:

 “fake”とは英語で「~のふりをする」の意味。この語をタイトルにしたドキュメンタリー映画「FAKE」が完成し、早くも話題になっている。

 作品が追いかけるのは“現代のベートーベン”ともてはやされた佐村河内守氏(52)。聴覚障害者でありながら絶対音感を頼りに作曲を続ける姿がNHK特番などで報じられて日本中を感動させたが、2014年2月に化けの皮をはがされた。本当は“盟友”の新垣隆氏(45)が作曲を担当。佐村河内氏が障害者のふりを続けていたことは詳しく説明する必要もないだろう。

「FAKE」の監督を務めたのは森達也氏。98年にオウム真理教を題材にした「A」で注目された気鋭の映画作家だ。同監督は「FAKE」について「映画で大切なことは普遍性。単なるゴーストライター騒動をテーマにしているつもりはもちろんない」とし、「誰が彼を造形したのか。誰が嘘をついているのか。自分は嘘をついたことはないのか。真実とは何か。虚偽とは何か」を追求するとコメントしている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    パンデミックが起きても慌てない 今から始める備蓄リスト

  2. 2

    中居正広「気持ち尊重」発言の意味…退所の真相はリストラ

  3. 3

    青木理氏「無知」と「無恥」に蝕まれる憲政史上最愚の政権

  4. 4

    丸投げの安倍政権 新型コロナ基本方針は“国は何もしない”

  5. 5

    住宅ローン完済で悠々自適の第二の人生が始まるはずが…

  6. 6

    再雇用中の64歳 大病などがなかったのに退職金が漸減した

  7. 7

    中居正広を支える華麗なる人脈 “ぼっち独立”も明るい未来

  8. 8

    愛知県の老舗旅館が廃業 新型コロナ「倒産ラッシュ」の足音

  9. 9

    デンマークなぜキャッシュレス大国に 在日大使館に聞いた

  10. 10

    初めて歩いた瞬間のビデオ…赤の他人から返されビックリ!

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る