佐村河内氏の“単独インタビュー”公開で新垣隆氏どうなる?

公開日:  更新日:

 “fake”とは英語で「~のふりをする」の意味。この語をタイトルにしたドキュメンタリー映画「FAKE」が完成し、早くも話題になっている。

 作品が追いかけるのは“現代のベートーベン”ともてはやされた佐村河内守氏(52)。聴覚障害者でありながら絶対音感を頼りに作曲を続ける姿がNHK特番などで報じられて日本中を感動させたが、2014年2月に化けの皮をはがされた。本当は“盟友”の新垣隆氏(45)が作曲を担当。佐村河内氏が障害者のふりを続けていたことは詳しく説明する必要もないだろう。

「FAKE」の監督を務めたのは森達也氏。98年にオウム真理教を題材にした「A」で注目された気鋭の映画作家だ。同監督は「FAKE」について「映画で大切なことは普遍性。単なるゴーストライター騒動をテーマにしているつもりはもちろんない」とし、「誰が彼を造形したのか。誰が嘘をついているのか。自分は嘘をついたことはないのか。真実とは何か。虚偽とは何か」を追求するとコメントしている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  2. 2

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  3. 3

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  4. 4

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  5. 5

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

  6. 6

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  7. 7

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  8. 8

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  9. 9

    FA炭谷加入で…G小林“正捕手剥奪”で年俸6000万円飼い殺し

  10. 10

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

もっと見る