ゴースト作曲家・新垣隆氏こそ「現代のベートーベン」の声

公開日:  更新日:

「全聾の作曲家」と偽っていた佐村河内守(50)は救いようがない。しかし、芸能評論家の肥留間正明氏が「その才能を高く評価すべき。なにしろ“現代のベートーベン”なのですから」と擁護するのは、ゴースト作曲家だった桐朋学園大非常勤講師の新垣隆氏(43)だ。

「ゴーストだろうがなんだろうが、今回の騒動は彼が認められた証し。曲が素晴らしいのは否定のしようがない。これは世間、音楽ファンがだまされたのではない。作曲家が大ウソつきだっただけ。僕は彼にこれからは『風の谷のナウシカ』のようなアニメ映画のバック音楽を担当してほしい。きっと素晴らしい曲を作るでしょう。卑屈になることはない。ゴーストはどこの世界にもいます。五線譜しかない音楽は、パクリで成り立っているといっても過言じゃないのです」(肥留間氏)

 たしかに音楽に限らず芸術分野には、ハン・ファン・メーヘレンのように天才的な画力を持ちながらフェルメールなど名画家の贋作を描き続けた栄光なき才能の持ち主も多い。今回の件で埋もれていた新垣氏の才能に日が当たったとすれば、唯一の救いだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    検査入院発表も…二階幹事長は2週間不在で“重病説”急浮上

  10. 10

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

もっと見る