ゴースト作曲家・新垣隆氏こそ「現代のベートーベン」の声

公開日:  更新日:

「全聾の作曲家」と偽っていた佐村河内守(50)は救いようがない。しかし、芸能評論家の肥留間正明氏が「その才能を高く評価すべき。なにしろ“現代のベートーベン”なのですから」と擁護するのは、ゴースト作曲家だった桐朋学園大非常勤講師の新垣隆氏(43)だ。

「ゴーストだろうがなんだろうが、今回の騒動は彼が認められた証し。曲が素晴らしいのは否定のしようがない。これは世間、音楽ファンがだまされたのではない。作曲家が大ウソつきだっただけ。僕は彼にこれからは『風の谷のナウシカ』のようなアニメ映画のバック音楽を担当してほしい。きっと素晴らしい曲を作るでしょう。卑屈になることはない。ゴーストはどこの世界にもいます。五線譜しかない音楽は、パクリで成り立っているといっても過言じゃないのです」(肥留間氏)

 たしかに音楽に限らず芸術分野には、ハン・ファン・メーヘレンのように天才的な画力を持ちながらフェルメールなど名画家の贋作を描き続けた栄光なき才能の持ち主も多い。今回の件で埋もれていた新垣氏の才能に日が当たったとすれば、唯一の救いだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  8. 8

    樹木希林さんも別居婚 民法上の気になること弁護士に聞く

  9. 9

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  10. 10

    妊娠を“計画”発表…前田敦子「デキ婚」かたくな否定のウラ

もっと見る