ゴースト作曲家・新垣隆氏こそ「現代のベートーベン」の声

公開日: 更新日:

「全聾の作曲家」と偽っていた佐村河内守(50)は救いようがない。しかし、芸能評論家の肥留間正明氏が「その才能を高く評価すべき。なにしろ“現代のベートーベン”なのですから」と擁護するのは、ゴースト作曲家だった桐朋学園大非常勤講師の新垣隆氏(43)だ。

「ゴーストだろうがなんだろうが、今回の騒動は彼が認められた証し。曲が素晴らしいのは否定のしようがない。これは世間、音楽ファンがだまされたのではない。作曲家が大ウソつきだっただけ。僕は彼にこれからは『風の谷のナウシカ』のようなアニメ映画のバック音楽を担当してほしい。きっと素晴らしい曲を作るでしょう。卑屈になることはない。ゴーストはどこの世界にもいます。五線譜しかない音楽は、パクリで成り立っているといっても過言じゃないのです」(肥留間氏)

 たしかに音楽に限らず芸術分野には、ハン・ファン・メーヘレンのように天才的な画力を持ちながらフェルメールなど名画家の贋作を描き続けた栄光なき才能の持ち主も多い。今回の件で埋もれていた新垣氏の才能に日が当たったとすれば、唯一の救いだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    NHK大河「いだてん」大コケでわかった ドラマとは主役次第

  2. 2

    李柄輝氏が語る朝鮮の原則「米国が提案蹴れば行動に移る」

  3. 3

    伝説の麻薬Gメンが指摘 ピエール瀧コカイン常習の“証拠”

  4. 4

    朝から晩までピエール瀧 おかげで安倍悪辣政権が6年安泰

  5. 5

    “黒塗り違法”判決にもダンマリ…財務省の呆れた隠ぺい体質

  6. 6

    フジ月9の“復活”を占う 錦戸亮「トレース」最終回の視聴率

  7. 7

    権勢にしがみつき私情優先 野党結集を邪魔する「新6人衆」

  8. 8

    V候補の星稜は…センバツ初戦「勝つ高校」と「散る高校」

  9. 9

    また偽装発覚…安倍首相が施政方針演説で巧みな“錯覚工作”

  10. 10

    NHKも優遇なし 青山アナに「育休中の給与返せ」批判の誤解

もっと見る