潜在視聴率は売れっ子の域 新垣隆氏「年末年始」の稼ぎっぷり

公開日:  更新日:

「一体どのくらい、稼いでいるのか」と、誰もが思ったのではないか。年末年始、TVに出ずっぱりだった作曲家の新垣隆氏(44)。「レコード大賞」などの音楽番組から、「絶対に笑ってはいけない大脱獄」といったバラエティーまで、さらに雑誌モデルも務めるなど、売れっ子タレントさながらの活躍を見せている。民放関係者が言う。

「新垣さんは、文化人枠ですので、ゴールデンタイムの番組でも、1本5万~6万円。もらっていたとしても、10万円程度でしょう。芸能プロやマネジメント会社がついて、タレントのカテゴリーに入れば別ですが、左うちわというほどではないと思います」

 ここで「なあんだ」と思うのは早計だ。

「注目は潜在視聴率です。新垣さんは8.6%もある。冠番組を持つダウンタウンでも7%前後。それを優に超え、売れっ子のレベルなんです。さらに、新垣さんはものすごく性格がよく、ちょっと天然のところといい、ディレクターをはじめTVスタッフのウケがすこぶる良好です。企画があえば、レギュラー出演のオファーを出したいという制作マンはひとりやふたりじゃないはず。ブレークし、15年の顔になる候補者の筆頭と呼べるかもしれませんね」(事情通)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  2. 2

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  3. 3

    巨人ナインに深刻“長野ロス”…超気配り男の逸話伝説も数々

  4. 4

    海老蔵は“秒読み”? 没イチ男性が死別再婚する時の注意点

  5. 5

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  6. 6

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  7. 7

    初登場G球場で“孤独トレ” 丸は巨人で「我」を貫けるのか

  8. 8

    また生え抜き看板…巨人“大チョンボ”長野流出の真相と波紋

  9. 9

    アニキが勧誘も…前広島・新井が「阪神コーチ」断っていた

  10. 10

    USJ導入で注目 深刻な人手不足に「変動料金制」拡大の予感

もっと見る