新垣隆氏「例の彼に感謝」…ゴーストライター特需でCD発売

公開日: 更新日:

 すっかり“ゴーストライター”が専売特許の新垣隆さん(44)。中谷美紀演じる売れっ子小説家がスランプに陥り、“ゴースト”を立てるドラマの公式HPでは、<あの新垣隆氏が語る「ゴーストライター」>(毎週更新)なんてコーナーまで任されちゃっている。

 騒動からちょうど1年。渦中にいた彼が今やテレビや雑誌でタレント活動にいそしむ姿は多くの人が知るところだが、実は本業の音楽でも大忙し。1月に引き続き、今月もCDアルバム「N/Y」(APOLLO SOUNDS)を発売する。

「例の彼に感謝しなければなりませんね……」

 8日の会見とミニライブでは、ニセ音楽家の佐村河内守(51)を引き合いに出し、つかみはオッケー。タッグを組むバリトンサックス奏者の吉田隆一氏(写真左)との出会いやCD発売の経緯を振り返っていた。ジャケ写では大きなサングラス姿で腕組みしてポージング。会場からは「誰かのオマージュか?」と突っ込まれていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    主演映画が大コケ…高橋一生は「東京独身男子」で見納めか

  2. 2

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  3. 3

    好調"月9"を牽引 本田翼が放つ強烈オーラと現場での気配り

  4. 4

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  5. 5

    帰化決意の白鵬が狙う理事長の座 相撲界を待つ暗黒時代

  6. 6

    安倍首相に怯える公明 増税延期解散なら小選挙区壊滅危機

  7. 7

    女子高生のスカート丈は景気とリンク 令和は長いor短い?

  8. 8

    主演「特捜9」が初回首位 V6井ノ原快彦が支持されるワケ

  9. 9

    モデルMALIA.はバツ4に…結婚・離婚を繰り返す人の共通項

  10. 10

    専門家が分析「亀と山P」春ドラマ対決の“勝者”はどっち?

もっと見る