• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

新垣隆氏「例の彼に感謝」…ゴーストライター特需でCD発売

 すっかり“ゴーストライター”が専売特許の新垣隆さん(44)。中谷美紀演じる売れっ子小説家がスランプに陥り、“ゴースト”を立てるドラマの公式HPでは、<あの新垣隆氏が語る「ゴーストライター」>(毎週更新)なんてコーナーまで任されちゃっている。

 騒動からちょうど1年。渦中にいた彼が今やテレビや雑誌でタレント活動にいそしむ姿は多くの人が知るところだが、実は本業の音楽でも大忙し。1月に引き続き、今月もCDアルバム「N/Y」(APOLLO SOUNDS)を発売する。

「例の彼に感謝しなければなりませんね……」

 8日の会見とミニライブでは、ニセ音楽家の佐村河内守(51)を引き合いに出し、つかみはオッケー。タッグを組むバリトンサックス奏者の吉田隆一氏(写真左)との出会いやCD発売の経緯を振り返っていた。ジャケ写では大きなサングラス姿で腕組みしてポージング。会場からは「誰かのオマージュか?」と突っ込まれていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  2. 2

    なぜ? 「大阪万博」スポンサーに米国カジノ企業が次々と

  3. 3

    安倍首相を守り栄転 太田理財局長は“論功行賞”で主計局長

  4. 4

    野田聖子氏周辺に疑惑 仮想通貨「GACKTコイン」接点は?

  5. 5

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

  6. 6

    48歳・仙道敦子「この世界の片隅に」で女優復帰の舞台裏

  7. 7

    ユニクロの狙いは? フェデラーと“10年300億円契約”の意味

  8. 8

    乃木坂46白石麻衣 不可解なドタキャン騒動に大ブーイング

  9. 9

    安倍首相を悩ませる 金正恩の「拉致問題」への対応一変

  10. 10

    ZOZO騒がれた日の皮肉 老舗球団は新興勢力に5年で抜かれる

もっと見る