低音美声はFM向き ショーンK復帰は「J-WAVE」で決まりか

公開日: 更新日:

 ショーンKこと、川上伸一郎氏(48)の経歴詐称騒動は、テレビ界全体に飛び火している。“第2、第3のショーンKがいるのでは”というので番組MCやコメンテーターの身体検査を改めて始めているのだ。

「多くは出演者と契約書を交わしているわけではなく、自己申告を信用して起用している。学歴やキャリアを盛っている人がいないわけがない。各局とも履歴書を提出してもらうといった作業を始めています」(民放の編成マン)

 MCやコメンテーターにはとんだとばっちりで多くを敵に回してしまったともいえるが、さて、復帰への道はどうなのか。一部メディアが「MXテレビは動いている」と報じて話題だが……。

「MXの人気番組『5時に夢中!』にはショーンKに好意的な意見が届きました。それで“お待ちしてます”とラブコールを送ったのが“MXで起用”という話になったようです。しかし、それはネタのようなもので、経歴詐称で信用ガタ落ちのコメンテーターを起用したら、正直、MXとはいえ、視聴者やスポンサーの反発が強くて厳しい。テレビ復帰は難しいと思います」(マスコミ関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹内結子さん急死に深まる“動機”のナゾ…前日は家族団らん

  2. 2

    竹内結子さん自死 芸能界「理想と現実」の乖離が背景に?

  3. 3

    立憲安住淳氏 国民目線でなければ政権から引きずり降ろす

  4. 4

    竹内結子さん突然の訃報で「産後うつだったのか?」の声

  5. 5

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  6. 6

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  7. 7

    山崎育三郎「エール」に出待ちファン なっちとの私生活は

  8. 8

    竹内結子さん急死の謎 家庭と仕事の両立に金銭的な重圧も

  9. 9

    ボディコン姿で人気 元女子プロレスラー穂積詩子さんは今

  10. 10

    ザ・グレート・カブキさん 怪奇派レスラーは居酒屋を経営

もっと見る