ショーンK 自己啓発本で「学歴でなく学習歴」勧めていた

公開日: 更新日:

 自業自得とはよく言ったものである。経歴詐称でメーンキャスターに決まっていた新番組「ユアタイム~あなたの時間~」(フジテレビ系)の“自主降板”をはじめ、テレビやラジオの出演自粛を早々に発表した経営コンサルタントのショーンKことショーン・マクアードル川上氏(47)。

 テレビだけではなく本職のコンサルも開店休業状態を余儀なくされるのは必至だろうが、そんな中、過去に出版している著書にも注目が集まっている。多くの本が7~10年前に発売されたという希少性もあって、今回の騒動を機に中古価格は急騰。

 08年発売の自己啓発本「『自分力』を鍛える 夢がなくても成功できる」(あさ出版、1300円+税)はAmazonで一時、定価の10倍近くの1万3000円まで跳ね上がる“お祭り”騒ぎになった。

 気になる中身だが――。「成功前夜 21の起業ストーリー」(05年、ソフトバンクパブリッシング)は、2000年の放送開始からナビゲーターを務めていたJ―WAVEのビジネス情報番組「MAKE IT 21」の内容をまとめたもの。同書には番組開始の半年ほど前、小さなナレーションの仕事で知り合ったという番組プロデューサーに口説かれ、世間がデフレ不況で沈む中、〈何とか日本を盛り上げたい〉という思いで番組に参加したという心境に加え、そのPの〈うさん臭そうだけど、すごく頭の切れそうなヤツ(笑)〉といった川上氏の第一印象などもつづられている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    日産の“暴君”と対決した元広報マンはゴーン事件をどう見る

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    元カノ小川アナは結婚…櫻井翔“クソ甘えん坊”の険しい前途

  4. 4

    上沼恵美子が試される…フジテレビの“実験”は吉と出るか

  5. 5

    元スピードスケート五輪銅 山中宏美さんは銭湯でヨガ講師

  6. 6

    野茂英雄氏と借金トラブル 元1億円投手の佐野慈紀さんは今

  7. 7

    遠のく錦織GS制覇…稚拙なチームとマネジメントに疑問の声

  8. 8

    また怪統計か 2018年「貯蓄ゼロ世帯」大幅改善のカラクリ

  9. 9

    トランプに平和賞?推薦した安倍首相に問われる“見識”<上>

  10. 10

    一体何が…大坂なおみ“心の支柱”サーシャ氏と決別の衝撃

もっと見る