ショーンK 自己啓発本で「学歴でなく学習歴」勧めていた

公開日: 更新日:

 自業自得とはよく言ったものである。経歴詐称でメーンキャスターに決まっていた新番組「ユアタイム~あなたの時間~」(フジテレビ系)の“自主降板”をはじめ、テレビやラジオの出演自粛を早々に発表した経営コンサルタントのショーンKことショーン・マクアードル川上氏(47)。

 テレビだけではなく本職のコンサルも開店休業状態を余儀なくされるのは必至だろうが、そんな中、過去に出版している著書にも注目が集まっている。多くの本が7~10年前に発売されたという希少性もあって、今回の騒動を機に中古価格は急騰。

 08年発売の自己啓発本「『自分力』を鍛える 夢がなくても成功できる」(あさ出版、1300円+税)はAmazonで一時、定価の10倍近くの1万3000円まで跳ね上がる“お祭り”騒ぎになった。

 気になる中身だが――。「成功前夜 21の起業ストーリー」(05年、ソフトバンクパブリッシング)は、2000年の放送開始からナビゲーターを務めていたJ―WAVEのビジネス情報番組「MAKE IT 21」の内容をまとめたもの。同書には番組開始の半年ほど前、小さなナレーションの仕事で知り合ったという番組プロデューサーに口説かれ、世間がデフレ不況で沈む中、〈何とか日本を盛り上げたい〉という思いで番組に参加したという心境に加え、そのPの〈うさん臭そうだけど、すごく頭の切れそうなヤツ(笑)〉といった川上氏の第一印象などもつづられている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ヤマダ電機の軍門に下るも赤字脱却ならず提携1年後に退任

  2. 2

    長瀬智也「俺の家の話」クドカンが描く介護問題に賛否両論

  3. 3

    脚本に酷評続々「ウチ彼」…唯一救いは岡田健史の存在感

  4. 4

    西田敏行「俺の家の話」車椅子姿の裏にある満身創痍の覚悟

  5. 5

    小池知事「全国知事会コロナ対策会議」5回連続欠席のナゼ

  6. 6

    苛烈な親子喧嘩…勝久氏が久美子氏に叩きつけた“果たし状”

  7. 7

    日本の民主主義にとって百害あって一利なしの内閣広報官

  8. 8

    「重要なのは人柄」社員に説得され重い腰を上げた創業者

  9. 9

    コワモテ菅長男は陽キャ…令和おじさんモノマネが鉄板ネタ

  10. 10

    「給付金は一律支給を」困っているのは低所得者も中間層も同じ

もっと見る