ショーンKの後釜 モーリー氏はフジを救うか舌禍で炎上か

公開日:  更新日:

 連休中も一向に火の手がおさまらないショーンKことショーン・マクアードル川上氏(48)の経歴詐称騒動。事後の対応に追われまくっている関係各所の中でも、新情報番組「ユアタイム~あなたの時間~」のダブルメーンキャスターに同氏を起用する予定だったフジテレビは、悲惨この上ない。

 初回(4月4日)放送を約2週間後に控え、“応急処置”といわんばかりの新キャスト陣の発表を余儀なくされた。MCはモデルの市川紗椰(29)のひとり体制に切り替え、局アナの野島卓(49)と田中大貴(35)で脇固め。さらに外国人枠の穴を埋める形で、ジャーナリストのモーリー・ロバートソン氏(53)を起用するという。

 モーリー氏とはいかなる人物か。ショーンKの後釜だけに経歴が気になるが、HPやインタビューなどで公表しているプロフィルによると、前任者以上に輝かしい経歴とアグレッシブな志向の持ち主のようだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    検査入院発表も…二階幹事長は2週間不在で“重病説”急浮上

  10. 10

    安倍内閣の支持率下落 “首相応援団”の世論調査で3カ月連続

もっと見る