スター扱いしておいて…テレビ業界がショーンKを叩く滑稽

公開日: 更新日:

 今となっては自称「経営コンサルタント」だが、ショーンKの経歴詐称が大きな話題を呼んでいる。芸能界でも経歴詐称は珍しくないが、その大半は年齢や身長などのレベル。芸能プロは「本人直筆の履歴書を信じる。“少しでも若く”と年齢のサバを読む人もいれば、女性はプロポーションを多少“盛る”ことで美しい体形をアピールしたいと思う女心」という。

 日本の芸能界は信頼関係の下に成り立つが、単純な嘘はバレやすい。売れれば真っ先に注目するのが、幼馴染みや同級生。「あれっ、年齢が違う」と友達から発覚することが多い。話がエスカレートして、「あの子は地元のヤンキーだった」などと過去をバラされることもあった。週刊誌の定番企画「発掘写真」が生まれた背景でもある。

「出る杭は叩かれる」は芸能界では日常茶飯だが、意外と「出過ぎた杭」は叩きにくい。ショーンKは出過ぎた感があった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お笑い文化台無し!安倍首相の吉本新喜劇出演に府民大激怒

  2. 2

    桑田真澄というカリスマが高校野球に物申したことの意義

  3. 3

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  4. 4

    好調"月9"を牽引 本田翼が放つ強烈オーラと現場での気配り

  5. 5

    イタリア政治に風穴あけた「五つ星運動」共同設立者に聞く

  6. 6

    強豪校監督に聞いた 高校野球の球数制限「賛成?反対?」

  7. 7

    大食い客から猛批判「やよい軒」おかわり有料化の視界不良

  8. 8

    横綱白鵬に帰化を決意させた朝青龍とのギスギスした因縁

  9. 9

    開幕から6戦全勝 原巨人5年ぶりV奪回は“カモ虎”と共に

  10. 10

    DeNA“オープナー制”実らず データ野球浸透の壁を識者指摘

もっと見る