スター扱いしておいて…テレビ業界がショーンKを叩く滑稽

公開日: 更新日:

 今となっては自称「経営コンサルタント」だが、ショーンKの経歴詐称が大きな話題を呼んでいる。芸能界でも経歴詐称は珍しくないが、その大半は年齢や身長などのレベル。芸能プロは「本人直筆の履歴書を信じる。“少しでも若く”と年齢のサバを読む人もいれば、女性はプロポーションを多少“盛る”ことで美しい体形をアピールしたいと思う女心」という。

 日本の芸能界は信頼関係の下に成り立つが、単純な嘘はバレやすい。売れれば真っ先に注目するのが、幼馴染みや同級生。「あれっ、年齢が違う」と友達から発覚することが多い。話がエスカレートして、「あの子は地元のヤンキーだった」などと過去をバラされることもあった。週刊誌の定番企画「発掘写真」が生まれた背景でもある。

「出る杭は叩かれる」は芸能界では日常茶飯だが、意外と「出過ぎた杭」は叩きにくい。ショーンKは出過ぎた感があった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹内結子さん急死に深まる“動機”のナゾ…前日は家族団らん

  2. 2

    立憲安住淳氏 国民目線でなければ政権から引きずり降ろす

  3. 3

    山崎育三郎「エール」に出待ちファン なっちとの私生活は

  4. 4

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  5. 5

    竹内結子さん突然の訃報で「産後うつだったのか?」の声

  6. 6

    ザ・グレート・カブキさん 怪奇派レスラーは居酒屋を経営

  7. 7

    ボディコン姿で人気 元女子プロレスラー穂積詩子さんは今

  8. 8

    芦田愛菜の八面六臂の活躍で実感…子役の果ては女高男低

  9. 9

    組閣から10日 身体検査できず新大臣3人にスキャンダル噴出

  10. 10

    志村けんさん25話ぶり登場 山田耕筰と山根銀二の戦犯論争

もっと見る