スター扱いしておいて…テレビ業界がショーンKを叩く滑稽

公開日:  更新日:

 今となっては自称「経営コンサルタント」だが、ショーンKの経歴詐称が大きな話題を呼んでいる。芸能界でも経歴詐称は珍しくないが、その大半は年齢や身長などのレベル。芸能プロは「本人直筆の履歴書を信じる。“少しでも若く”と年齢のサバを読む人もいれば、女性はプロポーションを多少“盛る”ことで美しい体形をアピールしたいと思う女心」という。

 日本の芸能界は信頼関係の下に成り立つが、単純な嘘はバレやすい。売れれば真っ先に注目するのが、幼馴染みや同級生。「あれっ、年齢が違う」と友達から発覚することが多い。話がエスカレートして、「あの子は地元のヤンキーだった」などと過去をバラされることもあった。週刊誌の定番企画「発掘写真」が生まれた背景でもある。

「出る杭は叩かれる」は芸能界では日常茶飯だが、意外と「出過ぎた杭」は叩きにくい。ショーンKは出過ぎた感があった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  2. 2

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  3. 3

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  4. 4

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  5. 5

    後輩芸人と絶縁宣言で浮き彫りに JOYとユージの好感度の差

  6. 6

    石崎ひゅーいとは破局か “共演者キラー”蒼井優の次の相手

  7. 7

    動くとビキニが…水原希子“透け映えコーデ”に会場クギづけ

  8. 8

    「THE W」優勝 阿佐ヶ谷姉妹より受けていたのは滝沢カレン

  9. 9

    実は辺野古反対派 昭恵夫人「海を守りたい」思いはどこへ

  10. 10

    日産は会長人事見送り…ルノーに逆らえずクーデター大失敗

もっと見る