注目の釣りアイドル そらなさゆりの仕事・収入・私生活

公開日: 更新日:

 釣りアイドルに注目が集まっている。男が主役の業界だが、この先もブームは続くのか――。その仕事と暮らしぶりを、釣りアイドルの草分けのひとりである、そらなさゆりクン(27)に聞いた。

――釣りアイドルになったきっかけは?

 2011年の「フィッシングショー」で2代目アングラーズアイドルになってからですね。当時は歌って踊れるアイドルをやってて、プロフィルの趣味欄に「釣り」って書いてたら、マネジャーが「アングラーズアイドルのオーディションがある」というので応募して、グランプリに選ばれました。

――女性の場合、釣りは「オトコ友達に誘われて」というケースが多いけど。

 私は本州最南端の和歌山県串本の港町生まれで、根っからの釣りキチ。幼稚園児のころから父や兄に連れられてアジやチヌ(クロダイ)を釣っていました。中学時代は1人で行って、高校生になるとギターと釣りザオを持って学校へ。バンドもやってたんで、練習の帰りに釣り糸を垂らしておかず釣りです。魚はさばくのも食べるのも大好き。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「ドトールのコーヒーはスタバよりも安い」は本当か?

  2. 2

    所属議員も鼻白む 自民党“ネトウヨ冊子”配布で参院選対策

  3. 3

    “バブリーダンス”伊原六花 「なつぞら」東京編の起爆剤に

  4. 4

    「嫌いな女」10位に広瀬すず “炎上発言”とゴリ押しアダか

  5. 5

    フジ月9出演も決定 「なつぞら」母親対決は山口智子に軍配

  6. 6

    大戦中に恋に落ちて…元米軍兵士と仏女性が75年ぶりに再会

  7. 7

    向こう見ずな首相のイラン訪問 取り返しのつかない大失敗

  8. 8

    【宝塚記念】有力馬の「グランプリ」回避続出には理由がある

  9. 9

    レアル入りタイミング最悪…久保建英が南米DF陣に狙われる

  10. 10

    「チルドレン」存在と不祥事のデパート化の因縁

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る