注目の釣りアイドル そらなさゆりの仕事・収入・私生活

公開日:  更新日:

 釣りアイドルに注目が集まっている。男が主役の業界だが、この先もブームは続くのか――。その仕事と暮らしぶりを、釣りアイドルの草分けのひとりである、そらなさゆりクン(27)に聞いた。

――釣りアイドルになったきっかけは?

 2011年の「フィッシングショー」で2代目アングラーズアイドルになってからですね。当時は歌って踊れるアイドルをやってて、プロフィルの趣味欄に「釣り」って書いてたら、マネジャーが「アングラーズアイドルのオーディションがある」というので応募して、グランプリに選ばれました。

――女性の場合、釣りは「オトコ友達に誘われて」というケースが多いけど。

 私は本州最南端の和歌山県串本の港町生まれで、根っからの釣りキチ。幼稚園児のころから父や兄に連れられてアジやチヌ(クロダイ)を釣っていました。中学時代は1人で行って、高校生になるとギターと釣りザオを持って学校へ。バンドもやってたんで、練習の帰りに釣り糸を垂らしておかず釣りです。魚はさばくのも食べるのも大好き。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    検査入院発表も…二階幹事長は2週間不在で“重病説”急浮上

  10. 10

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

もっと見る