注目の釣りアイドル そらなさゆりの仕事・収入・私生活

公開日:  更新日:

 釣りアイドルに注目が集まっている。男が主役の業界だが、この先もブームは続くのか――。その仕事と暮らしぶりを、釣りアイドルの草分けのひとりである、そらなさゆりクン(27)に聞いた。

――釣りアイドルになったきっかけは?

 2011年の「フィッシングショー」で2代目アングラーズアイドルになってからですね。当時は歌って踊れるアイドルをやってて、プロフィルの趣味欄に「釣り」って書いてたら、マネジャーが「アングラーズアイドルのオーディションがある」というので応募して、グランプリに選ばれました。

――女性の場合、釣りは「オトコ友達に誘われて」というケースが多いけど。

 私は本州最南端の和歌山県串本の港町生まれで、根っからの釣りキチ。幼稚園児のころから父や兄に連れられてアジやチヌ(クロダイ)を釣っていました。中学時代は1人で行って、高校生になるとギターと釣りザオを持って学校へ。バンドもやってたんで、練習の帰りに釣り糸を垂らしておかず釣りです。魚はさばくのも食べるのも大好き。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  4. 4

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  7. 7

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  8. 8

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  9. 9

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  10. 10

    “猫の目”打線にも順応 ソフトB中村は打順を選ばぬ仕事人

もっと見る