注目の釣りアイドル そらなさゆりの仕事・収入・私生活

公開日: 更新日:

 釣りアイドルに注目が集まっている。男が主役の業界だが、この先もブームは続くのか――。その仕事と暮らしぶりを、釣りアイドルの草分けのひとりである、そらなさゆりクン(27)に聞いた。

――釣りアイドルになったきっかけは?

 2011年の「フィッシングショー」で2代目アングラーズアイドルになってからですね。当時は歌って踊れるアイドルをやってて、プロフィルの趣味欄に「釣り」って書いてたら、マネジャーが「アングラーズアイドルのオーディションがある」というので応募して、グランプリに選ばれました。

――女性の場合、釣りは「オトコ友達に誘われて」というケースが多いけど。

 私は本州最南端の和歌山県串本の港町生まれで、根っからの釣りキチ。幼稚園児のころから父や兄に連れられてアジやチヌ(クロダイ)を釣っていました。中学時代は1人で行って、高校生になるとギターと釣りザオを持って学校へ。バンドもやってたんで、練習の帰りに釣り糸を垂らしておかず釣りです。魚はさばくのも食べるのも大好き。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹内結子さん急死 昵懇だった三浦春馬さんの死と自身の不調

  2. 2

    竹内結子さん自死 芸能界「理想と現実」の乖離が背景に?

  3. 3

    竹内結子さん急死の謎 家庭と仕事の両立に金銭的な重圧も

  4. 4

    竹内結子さん急死に深まる“動機”のナゾ…前日は家族団らん

  5. 5

    中曽根元首相の葬儀に“血税1億円”投入こそ「悪しき前例」

  6. 6

    田村厚労相 ソフトな外っ面の裏に弱者切り捨ての“前科”

  7. 7

    竹内結子さんと芦名星さんを結ぶ点と線…連鎖はあるのか?

  8. 8

    日本「GoTo」4事業なぜ強行?“第1波”対策失敗を専門家指摘

  9. 9

    正代初Vも「番付不在」と評論家苦言…白鵬は延命で高笑い

  10. 10

    地震頻発と異臭騒ぎに関連…“異常事態”の日本列島で何が?

もっと見る