注目の釣りアイドル そらなさゆりの仕事・収入・私生活

公開日: 更新日:

 実は、釣りアイドルになって忙しい割に、お給料はそれほどでもない。当時の事務所がブラックでして、支払いが滞り、釣ったお魚を食べて自給自足でしのいだこともありました。

――仕事の内容は?

 テレビや釣り雑誌などのほか、釣り具メーカーさんのテスターとしてサオやルアーなどを提供していただいて意見を述べたり、釣り具屋さんなどのイベントに呼ばれたり。あと、環境省のウオータープロジェクトサポーターとして、水資源の保全活動もやらせてもらっています。

 失敗談も多いですよ。アングラーズアイドルに選ばれ、「釣りロマンを求めて」というテレビ番組に出演が決まったときのこと。まだ普通のアイドルも続けていたので夜11時にライブが終わって、早朝に外房から太平洋へ出船。私、全然寝てないでしょ。それで、サオを出した途端に船酔いでダウン。以降、二度と番組には呼ばれませんでした。もともと船に弱い体質で、海が荒れるとダメ。いま相模湾のマグロ釣りにハマっていますが、大シケで酔っちゃって大の字。そしたら船長が「マグロ釣りでマグロじゃ、シャレにならん」って、アッハハハ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「一軒家」逆転で…「イッテQ!」に意外なリストラ候補が

  2. 2

    大混戦必至の参院東京選挙区 有力美人候補4人は全員当選か

  3. 3

    新天皇にもやるのか トランプ“ポンポン握手”に外務省恐々

  4. 4

    理由は子どもだけか 磯野貴理子“2度目離婚”芸能記者の見方

  5. 5

    海外メディア酷評 豊洲市場に外国人観光客が早くもソッポ

  6. 6

    国分太一「ビビット」降板…TOKIOに囁かれる“空中分解説”

  7. 7

    磯野貴理子は女神か都合のいい女か…男女問題研究家の見解

  8. 8

    「嫌いな女」10位に広瀬すず “炎上発言”とゴリ押しアダか

  9. 9

    いまさら聞けない年金受給 59歳から始める満額もらう準備

  10. 10

    白血病新薬にケチ…命を費用対効果で語る麻生氏に批判殺到

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る