社長に気に入られ恩恵享受 釣りバカ“浜ちゃん社員”の条件

公開日: 更新日:

 ゼネコンの社長とダメ社員がインフォーマルな場を共有して仲良くなる――。漫画「釣りバカ日誌」はドラマになっても面白かったが、これ、本来はタブーだ。経営トップがひとりの社員に肩入れすれば、組織の規律はガタガタになってしまう。それでは世の社長は、全社員と等間隔に接しているのか? 答えは当然ノーだから、気に入られた方がいいだろう。

 長年、企業経営者をウオッチしてきたジャーナリストの滝田誠一郎氏は、「経営者は孤独です。ゴマをするヤツは大勢いても、心を許せるような相手はいない。社長にインタビューすると、そんな愚痴をよく耳にします」と言う。結果、遊んだり相談したりする相手を社外に求め、よその経営者や文化人たちとつるむ「~会」があちこちで生まれることになる。

 もっとも、「スーさん」「浜ちゃん」まではいかなくとも、社長と部下の関係に濃淡が出るのは確かだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    出川哲朗とばっちり マリエの告発を“キャラ”で乗り切れる?

  3. 3

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  4. 4

    解決金でも払拭されない?世論が懸念する小室家の嫁姑問題

  5. 5

    加藤浩次に同情薄 自滅のラヴィットより“身内”にビクビク

  6. 6

    石原さとみ“引退説”一蹴 綾瀬はるか意識しベッドシーン?

  7. 7

    眞子さまとの結婚問題で小室圭さんは? 謝らない人の心理

  8. 8

    マリエの枕営業告発が広がりに欠けるワケ…どうなる“第2R”

  9. 9

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  10. 10

    大谷モテモテでメディア大騒ぎ 米国人気質が人気に追い風

もっと見る